ESGの先を目指す~次はイノベーション

・CSR(企業の社会的責任)とESG(環境・社会・企業統治)は何が違うのか。企業の倫理的な側面や社会貢献を重視するか、企業のサステナビリティ(持続性)を支える3つの側面をとりわけ重視して、企業価値の向上を目指すのか、とういう点に差がある。

・ESGが中長期的な企業価値創造に結びつくのであれば、ESG投資は意味を持ってくる。中長期の投資リターンの向上、あるいは投資リスクの低減が見込めるからである。

・企業に対するESGの評価を、どのように展開するのか。投資対象をポジティブにスクリーニングするか、ネガティブにスクリーニングするかで、スタンスが異なってくる。環境汚染、虐待労働、軍需優先、健康被害などに着目して、それに関わる企業を外していくのがネガティブスクリーニングである。

・逆に、生態系・エネルギー改革、社員の働き方やダイバーシティ(多様性)改革、コーポレートガバナンス改革など、ESGを通した企業のサステナビリティに関して、プラスに加点して評価するのがポジティブスクリーニングである。

・GPIFが採用した3つのESG指数(FTSE Blossom、MSCIジャパンESG、MSCI日本株女性活躍)は、いずれもポジティブスクリーンをベースにしている。

・ESGを軸にした一次元評価だけで、投資のパフォーマンスが出るのであろうか。ESGの評価が高い企業は、ROEが高く、株価のボラティリティは低いと本当にいえるのだろうか。その因果関係を株価と単純に結びつけるわけにはいかない。ESGは重要であるが、企業がESGに特化すれば、持続的な成長が保証されるとはいえない。

・企業価値には経済的価値と社会的価値があり、企業価値とは直接結びつかない社会的価値もある。また、目先の経済的価値が中長期の企業価値と相反することもよくある。

・一方で、ESG投資がESGインデックス中心に投資されるならば、このインデックスに選ばれることが、市場価値を高めることに結びつく。ESGインデックスに入ることを目的に、自社のESG活動を磨くという企業も増えてこよう。目標を明確にして、ESGに力を入れることは望ましいが、それで企業価値の向上に結び付くかは十分検討してほしい。

・企業の価値創造をESGも含めて、もっと広く深く捉えようとする議論も進んでいる。伊藤レポート第2弾(「価値協創のための統合的開示・対話ガイダンス」)は、企業と投資家の対話を財務情報と非財務情報に分けて、議論するのではなく、長期投資(ESG無形資産投資)の観点から統合的に捉えようとしている。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> ESGの先を目指す~次はイノベーション