相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5943)ノーリツ

 四季報によると、給湯器の海外は、米国でタンクレス機種順調。中国は費用管理厳格化の効果大。柱の国内は3月の新機種健闘。厨房も下期に新製品。人員自然減もあり採算改善。製品保証引当金特損見込まず純益伸長。 キッチン・バス製造のトクラスと業務提携。製品の相互供給や共同開発で品ぞろえ拡充狙う。米中で暖房に本格参入。給湯器絡めたシステム製品として拡販。

 8月10日発表時点、2017年12月期本決算予想は、前年同期比で営業利益+11.9%の100億円、経常利益+9.2%の102億円の増収・増益の見通し。2月13日時点の予想と変わらず。

 2012年11月8日の1260円を安値にアベノミクス相場にサポートされて、上昇トレンド(A)を形成。この中で2015円6月24日の2410円で当面のピークをつけ急反落となって上昇トレンド(A)を下に切り、9月8日の1656円まで下落しました。その後、この1656円を安値にゆるやかな上昇トレンド(B)へ移行しています。この上昇トレンド(B)の中で2016年8月19日の1797円を安値に、角度の大きい上昇トレンド(C)へ移行の動きとなって、今年の5月10日に2294円まで上昇するものの上昇トレンド(B)を突破することはできず、7月25日に2163円で売転換となり、上昇トレンド(C)を下に切ってしまいました。売られ過ぎを待つスタンスとなります。
 
(5943)ノーリツ
 

(7947)エフピコ

 四季報によると、耐熱型の発泡容器が続伸。原材料価格上昇で価格改定実施。償却負担大きいが、ケース梱包ロボットなどの導入で作業員約100人分の省力化。配送時間短縮と積載効率向上も寄与。連続最高益。増配。 岡山に70億円投資しフィルム工場と印刷工場建設、18年に竣工。キユーピーやプリマハムなどと提携して総菜開発。ケータリング会社への売り込み図る。

 8月3日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+4.8%の159億円、経常利益+4.8%の165億円と3期連続の増収・増益の見通し。5月10日時点の予想と変わらず。

 2014年10月21日の2842円の安値から、短期の急角度の上昇トレンド(A)となり、この中で2015年4月7日の4730円、5月25日の4750円と2点天井をつけて、8月6日の3735円まで下落し、ここを当面の底にして、ゆるやかな上昇トレンド(B)へ移行しました。この上昇トレンド(B)の中で、今年の3月3日の4890円、3月30日の4940円と2点底となって急上昇し、6月6日の6360円、8月7日の6460円と上昇トレンド(B)を上にぬけるものの、8月3日の決算発表で目先の材料出尽くしとなり、8月17日の5930円で売転換となり、上昇トレンド(B)の下値斜線(抵抗ライン)を試す動きとなっています。
 
(7947)エフピコ
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!