今週は、北朝鮮の水爆実験を受け、アメリカ、中国、ロシアの対応に注視

先週は、前半は北朝鮮ミサイルで19300円割れ、後半はアメリカ株高、円安で一時19700円回復

 先週の予測では、北朝鮮リスクとトランプ政権の政治リスクへの懸念と、さらに週末の8月雇用統計を控えて様子見から、こう着の強い展開を想定しました。為替に関しては強弱入り交じっており、方向感が出にくいものの日経平均は薄商いの中を為替に左右されやすく、チャート分析では19000~19700円のレンジの中で、1ドル=108円台になってくると19000円を試す動き、110円台になると19700円を試す動きが想定されるとしました。

 結果的に、週前半は北朝鮮の弾道ミサイルを受けて為替は一時108.27円の円高となり、日経平均は19280円まで下げ、週半ば以降はアメリカの経済指標の結果が相次いで予想を上回ったことで、アメリカ株式の上昇とドル高が続き、一時110.67円の円安となったことで19735円まで上昇して週の終値は△45円の19691円で引けました。

 28日(月)は、前週末のジャクソンホール会合でイエレン議長の金融政策に言及がなかったものの、イベント通過ということで買い戻し先行で△49円の19502円と寄り付いて19535円まで買われたものの買い一巡後は伸び悩み▼2円の19449円の小幅反落となりました。29日(火)には、早朝に北朝鮮が日本上空を通る弾道ミサイルを発射したことで、一時▼169円の19280円まで下げましたが、売り一巡後はETF買い期待が下支えになって下げ渋り▼87円の19362円で引けました。30日(水)は、前日のアメリカ市場では北朝鮮のミサイル発射でダウは一時▼135ドルの21673ドルまで下げ、為替はドルが108.20円台まで売られるものの、すぐに110円近辺に戻し、アメリカ株式は3指標ともプラスに転じたことで、日経平均は3日ぶりの反発となって△143円の19506円と19500円台を回復しました。31日(木)も引き続きアメリカ株高、円安を受けて主力株中心に買い戻され△139円の19646円と続伸しました。月末の株高は2月以来となります。9月1日(金)は前日のアメリカ市場では、経済指標の好結果を受けてナスダックが史上最高値を更新し、3指標そろって上昇したことで日経平均もいったん目先の上値抵抗ラインである19700円を上回る19735円まで上昇しましたが、終値では△45円の19691円となりました。

 9月1日(金)のアメリカ市場は、注目の8月雇用統計は予想を下回ったもののISM製造業景況指数は予想を上回り、又、コーン国家経済会議委員長が「経済については十分満足」との発言で買い安心感が広がり、ナスダックは2日連続で最高値更新し、NYダウは△39ドルの21987ドルとなりました。シカゴの日経先物は19690円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、北朝鮮の水爆実験を受け、アメリカ、中国、ロシアの対応に注視