相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5563)新日本電工

 四季報によると、国内粗鋼生産の漸増受け、フェロマンガンなど合金鉄の需要が堅調。価格も国際市況上昇で好転。下期は原料のマンガン鉱石とのマージン圧迫想定も、営業益は会社計画を超え回復か。徳島工場減損などの特損減る。税負担小。最終黒字化。17年2月の新設備着工で電炉による焼却灰溶融固化処理事業を増強。車載用の正極材料や水素吸蔵合金も注力。

 8月9日発表時点。2017年12月本決算予想は、2月16日時点で2016年12月期比で営業利益+103.8%の35億円、経常利益+147.8%の40億円から8月9日時点では、営業利益+365.9%の80億円、経常利益+395.7%の80億円と大幅な上方修正の見通しへ。

 2012年11月9日の172円を安値にアベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)となるものの、2013年5月22日の410円で当面のピークとなり、下降トレンド(B)へ転換しました。この下降トレンド(B)の中で2016年2月12日の145円、7月8日の150円と2点底をつけて、7月19日に169円で買転換となり、業績の回復を見越して急角度の上昇トレンド(C)へ転換しました。この中で今年の7月31日に545円まで上昇し、いったん買われ過ぎから押し目となって、昨年の7月8日の150円の安値から7月31日の545円までの上昇幅の1/3押し(413円)とほぼ同じの8月15日の412円まで下げてもみあっているところです。
 
(5563)新日本電工
 

(2593)伊藤園

 四季報によると、飲料は『お~いお茶』など主力が新製品投入と販促効き増勢。米国も堅調。飲食のタリーズは既存店が伸び、前期出店効果も寄与。原料高、償却費増を吸収し営業増益続く。最高益を連続更新。増配も。子会社タリーズは営業利益率10%超を維持しながら出店継続。病院、商業施設が狙い目。飲料は引き続き高い健康志向受け緑茶に加えて麦茶、野菜飲料も拡販。

 6月1日発表時点。2018年4月期本決算予想は、2017年4月期比で営業利益+3.8%の226億円、経常利益+2.2%の220億円と3期連続で増収・増益の見通し。

 2012年11月14日の1422円を安値に、アベノミクス相場にサポートされて2014年7月8日の2693円まで上昇。ここを目先のピークに調整入りとなり、12月17日の2052円まで押し目を入れ、ここから再度上昇トレンド(A)へ移行しました。この中で2016年7月7日の4070円まで上昇後、8月31日の3050円まで下落し、ここから角度の大きい上昇トレンド(B)へ移行となりました。この上昇トレンド(B)の中で今年の6月1日に4670円の高値をつけ、この日の決算発表を受けて材料出尽して下落となり、8月25日に3975円で売転換となって上昇トレンド(B)を下に切りました。日経平均につれ安してさらに大きな調整を待つところです。
 
(2593)伊藤園
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!