相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(4041)日本曹達

 四季報によると、農薬の委託試験費が前期からずれ込む。が、苛性ソーダの値上げに加え、樹脂添加剤の数量戻る。建設も受注残豊富。営業外は北米持分会社益半減へ。ブラジルも一服。飼料添加剤の値上げ浸透見込まず。5月拠点設立、農薬・医薬添加剤の拡販狙う。3次元NAND向けフォトレジスト材の能力5割増。今年度以降、新農薬を順次投入、3品で年商100億円目標。

 8月4日発表時点。2018年3月期本決算予想は、5月12日時点で2017年3月期比で営業利益+4.4%の56億円、経常利益は-20.3%の79億円の見通しとなっており、8月4日時点の発表でも変わっていません。

 2013年6月13日の446円を安値とする上昇トレンド(A)の中で、2015年10月23日に966円の高値をつけ、ここをピークに下方修正があって急角度の下落となり、下降トレンド(B)へ転換しました。この下降トレンド(B)の中で2016年7月8日の384円で底打ちとなり、ここからの反発で下降トレンド(B)を上にぬけて8月31日の535円まで上昇後、再下落となって11月9日の404円を2番底にして大きく上昇し、今年の2月22日に681円の戻り高値をつけました。ここから5月30日561円まで押し目を入れ再上昇となりましたが、8月8日の671円で2点天井の形となって8月18日に613円で売転換となっています。日経平均の下落次第では大きな押し目となりそうです。
 
(4041)日本曹達
 

(1967)ヤマト

 四季報によると、冷凍冷蔵設備など好採算案件が完工。主力の空調・衛生も繰り越し工事の手持ち厚く順調。水処理プラントも自治体向けが伸びる。生産合理化の進展も効く。労働力不足による賃上げの負担や資材高を見込む会社営業減益計画はやや保守的。高砂熱学工業へ自己株3・75%分割り当て調達資金で同社株取得。技術等協力。3次元CGで受注等迅速化。

 7月27日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益-5.7%の29億円、経常利益-5.2%の30.6億円の見通しとなっています。

 2012年10月30日の258円を安値に11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて2013年3月15日の455円まで上昇。その後、6月7日の301円まで押し目を入れ309~378円のボックス相場入りとなり、この中で2014年3月20日の309円を安値にゆるやかな上昇トレンド(B)へ移行しました。この上昇トレンドの中で、2016年2月12日の411円を安値に、やや角度の大きい下値を切り上げる上昇トレンド(C)へ移行していましたが、今年の4月7日の515円を安値に5月23日に570円で買転換となって急騰し、8月8日に771円の高値をつけました。ここで日経平均の下落につれ安して8月18日に721円で短期の売転換となっています。現在の日経平均が短期波動の下げであれば、この銘柄も軽い調整で済みますが、中期派動の下げになると、もっとつれ安するので大きな押し目を待ってみるスタンスとなります。
 
(1967)ヤマト
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!