ファイナンシャルジェントロジー~認知症とアセットマネジメント

・自分も老年を迎えるので、ジェントロジー(老年学)への関心は高い。今の60代は若々しいという声に合わせて、気持ちは54歳と称している。健康で従来と同じように活動できる健康寿命を少しでも長くしたいと節制にも努めているが、生活習慣病との共生は続いている。

・少し前のデータだが、男性の健康寿命は71歳、女性79歳、生命寿命との差は男性9歳、女性12歳であった。私自身は90歳まで生きようと考えている。先は分からない方が楽しいという意見を聞いたからである。そして、90歳のその時まで健康でいたい。

・理想はピンピンコロリである。しかし、世の中では生命寿命と健康寿命の差をどう過ごすかが大きな課題である。その間の介護は不可欠であり、長く寝込んで病が重くなるネンネンコロリも増えていく。

・慶大医学部の三村将教授(精神神経科)の話を聴く機会があった。テーマは、「認知症500万人時代の資産管理のあり方」であった。日常生活が一人でできない認知症の方は、現在500万人ほどいる。認知症の代表であるアルツハイマーは、それがスタートして発症するには15年もかかる。

・もちろん個人差はあるが、認知症になって介護が必要となる前の予備軍となると、1000万人以上いるのではないかと推定される。三村先生は、高齢化とともにこの予備軍が1500~2000万人になるかもしれない、と警鐘を鳴らす。

・2014年のデータで、認知症の社会的コストは14.5兆円と推定された。医療費1.9兆円(全体の13%)、介護費6.4兆円(同44%)、家族などによるインフォーマルケアコスト6.2兆円(同43%)であった。医療保険や介護保険はどんどん増えていく。周りで支えることが必要だが、その経済的負担や精神的負担も一段と重くなってこよう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> ファイナンシャルジェントロジー~認知症とアセットマネジメント