相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5232)住友大阪セメント

 四季報によると、セメントは国内販売が前期比2%増の900万t、輸出が同9%増の150万tと好転計画。ただ、石炭・電力価格、運搬費上昇の一方、輸出価格続落。光電子や電池材料など高機能材の頑張り及ばず営業益横ばい。株・土地売却益ない。増配。石炭は1t95ドル想定(前期81ドル)、1ドル高で営業益1・3億円吹っ飛ぶ。配当性向メドを25%から30%に引き上げ。

 8月8日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は―0.1%の215億円、経常利益は+1.6%の230億円とほぼ変わらずの見通し。

 2012年11月13日の251円を安値にアベノミクス相場がスタートし、12月27日の327円まで上昇後、いったん2013年4月5日の246円まで押し目を入れたあと上昇トレンド(A)となりました。この中で2015年8月17日の524円の高値をつけたあと、ゆるやかな下降トレンド(B)へ移行していましたが、2016年7月27日の504円を高値に大幅下落となり、下降トレンド(B)の下値サポートラインを切って11月9日に367円まで下落しました。しかし、ここを安値に反発となって下降トレンド(B)を上放れする上昇となり、今年の6月26日には559円をつけて2015年8月17日の524円を高値を更新しました。ここから反落となっていますが押し目買い有利の形です。
 
(5232)住友大阪セメント
 

(3341)日本調剤

 四季報によると、ジェネリック製造は既存工場増設も償却負担で横ばい。だが、柱の調剤薬局がM&A含め店舗純増40(前期同30)。既存店の処方箋枚数は軟調だが、調剤報酬改定の対応が急進。営業益反発。増配期待。つくば第二工場は18年4月稼働へ工事進捗。22年フル稼働で年産162億錠体制へ(17年3月末同62億錠)。グループ内販の強みで再編生き残る。

 7月31日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+18.6%の101.05億円、経常利益は+22.9%の98.04億円に回復の見通し。

 2015年9月28日より1/2分割となりました。それ以降のチャートをみると、11月2日の5700円を高値とし、2016年2月12日の3245円を安値とする大きな三角保ち合い(A)の中の動きとなっています。煮詰まりつつある中で今年の4月14日の3495円の安値から5月11日の4295円まで上昇し、ここからの反落で7月5日の3510円まで下げ、7月31日に3680円で買転換となって8月4日の3960円まで上昇し、ここから日経平均につれ安して押し目形成となっています。
 
(3341)日本調剤
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!