GPIFのESG投資とは~新たなESGインデックスに注目

・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のスチュワードシップ(SS)活動について、小森博司氏(市場運用部スチュワードシップ担当)から話を聴いた。7月のCGNW(日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク)のセミナーは大盛況であった。

・GPIFは厚生年金や国民年金のアセットオーナーとして、孫子の世代までの年金を担っている。100年を見据えて、25年ごとにロールオーバーする。5年ごとにポートフォリオを見直していく。

・GPIFは国民に対してSS(受託者責任)を負っており、同じように運用会社(AM)はGPIFに対してSSを負う。GPIFは立場上、株式の運用を直接行うことはできないし、企業経営に影響を与えてもいけない。

・国の公共機関として企業活動に口出しをしない、という立場が法的に定められている。よって、議決権行使に関与できないし、企業とのエンゲージメントを直接やってはいけない。すべて運用機関(AM)に任せることになる。

・このようなアセットオーナーは世界でもGPIFだけ、と小森氏は説明する。米国のカルパース(カリフォルニア州の公務員の公的年金基金)は、世界でも有数のアセットオーナーであるが、自らAMも行っている。

・GPIFは、運用を任せるAMに対して、双方向のエンゲージメント(建設的な対話)を行ってほしいと要望する。ともすると、AMが企業に資本効率の改善を要求するだけになるが、そうではないという。長期の年金運用なので、目先の株主還元よりは企業に投資をしてほしいと考えている。

・また、議決権行使についても、ガイドラインにこだわらずに、よく議論してほしいという。買収防衛策についても、対話をして、その根拠が納得できるのであれば、賛成することがあってもよいというスタンスである。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> GPIFのESG投資とは~新たなESGインデックスに注目