相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6976)太陽誘電

 四季報によると、インダクター横ばいも、コンデンサーは北米や中国スマホ向け伸びる。高周波部品も中国の通信高度化受けてスマホ向け伸長。車載や産業機器向け堅調。増収効果で償却費増を吸収し営業増益。増配も。電動アシスト自転車向けを独立事業に。新事業創出へ研究開発費を積極投入。ソフトウエア企業と共同開発も視野。設備投資は3年間で1000億円計画。

 8月7日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+21.1%の150億円、経常利益+33.9%の150億円と増収・増益に回復の見通し。

 7日発表した2017年4~6月期の連結決算は、純利益が31億円と前年同期比の14倍になった。自動車やパソコンに使うコンデンサーが好調だった。米アップルの新型スマフォ向けの部品については7~9月期から業績に寄与するとみられている。

 2015年12月1日の2074円をピークに下降トレンド(A)を形成。この中で2016年2月12日の1045円まで下落したあと、3月4日の1319円まで自律反発し、その後はゆるやかな下降トレンド(B)へ移行しました。この中で7月8日の776円で底打ちとなって上昇トレンド(C)に転換し、11月9日の937円の安値から角度の大きい上昇トレンド(D)へ移行しています。この上昇トレンド(D)の中で、7月26日の1918円まで上昇してもみあっているところです。8月7日の決算発表を受け目先材料出尽しとなって下落となっています。業績は好調であり大きな下げは買いチャンスといえます。
 
(6976)太陽誘電
 

1 2 3

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!