今週は、3連休、夏期休暇などを控え、材料不足で2万円水準のもみあい継続

先週も想定通り、2万円水準のもみあいのあと2万円を割って引ける

 先週の予測では、引き続き円高基調の中、アメリカの7月雇用統計を控え様子見が続くとし19900~20300円のレンジの中で2万円をはさんだもみあいを想定しました。 この中で足元の企業業績は好調であり、これが相場を下支えし好決算企業の個別物色相場になるとしました。

 結果的には想定通り、1週間を通して安値は19891円、高値は20113円と2万円をはさんだもみあいとなり、週末の4日(金)は▼76円の19952円と2万円を割れて引けました。

 31日(月)は、110円台半ばの円高が重しとなり、日経平均は▼34円の19925円の小幅続落となりましたが、好業績株の物色が相場を下支えました。 8月1日(火)は、110円台前半の円高が重しとなり、一時▼20円の19904円まで下げましたが、売り一巡後は好業績物色を支えにプラスへ浮上し、時間外でアメリカ株式の先物が上昇していたことにサポートされ△60円の19985円と反発しました。月初めをプラスで終えるのは14ヶ月連続ということでした。 2日(水)は、アメリカ株式が3指標そろって上昇し、特にアップルが売上、利益ともに史上最高値を更新した影響でアップル関連株が上昇し、日経平均は△94円の20080円と4日ぶりに2万円台回復となりました。 3日(木)は、NYダウが7日連続(6日連続の最高値更新)となったにもかかわらず、反応せず売り先行で始まり、一時▼94円の19985円まで下げ、▼50円の20029円で引けました。 週末の4日(金)は、為替が一時1ドル=109.80円台となったことで輸出関連株が売られ▼76円の19952円と2万円を割って引けました。値上がり銘柄数は1107と値下がり数775を大きく上回っていますので値ガサの輸出関連株が売られたことを示しています。

 NYダウは連日の史上最高値となっていれば、これまでですと日本株の相対的割安ということで水準訂正が起きるのですが、そうはなっていません。それはアメリカの金利が一服していることで日米金利差拡大期待からの円安が進まず外国人は日本株を買えない状況が続いていることになります。もう1つの要因として外国人の売買が減少しているのは北朝鮮のミサイル問題からのカントリーリスクがあるかもしれません。日本人投資家は売り越しが続いており、2万円台にのると売りが出てきて、これを吸収するだけの買いがはいっていないという状況です。

 4日(金)のアメリカ市場では、注目の7月雇用統計は非農業部門雇用者数は予想の+18.0万人を上回る+20.9万人、失業率も前回の4.4%から4.3%と強い結果となったことで、10年債利回りが上昇しドルが全面高となり、ドル・円は一時111.05円まで買い進まれました。これを受けてシカゴの日経先物は△75円の20025円となりました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、3連休、夏期休暇などを控え、材料不足で2万円水準のもみあい継続