今週も、円高基調で上値重く、米7月雇用統計を控え様子見

先週は、円高で上値重く、2万円をはさんだせまい範囲のもみあい

 先週の予測では、引き続きドル安・円高基調で上値の重い展開から2万円水準でのもみあいとしました。ドル安・円高基調の背景は、7月20日開催のECB理事会で金融政策は現状維持となったものの、9月の理事会で金融緩和の縮小が議論されるとの思惑からユーロが買われ、このユーロ高に対してドラギ総裁が懸念を表明しなかったことでユーロ買い・ドル売りが活発化し、この流れがドル売り・円買いとなりました。週末は、ロシアゲートの問題からリスク回避のドル売りが加わって1ドル=110.01円の円高進行となりました。 目先はこの流れが続くことでドルの上値は重く、円高基調では日経平均の上値重く、これまでのレンジである19900~20300円の中での2万円水準でのもみあいを想定しました。

 結果的には、アメリカ株式の史上最高値更新にもかかわらず為替は1ドル=110円台半ばまで進行する動きとなったことで日経平均は19900~20176円という2万円をはさんだせまい値動きとなり、週末は19959円と2万円を割れて引けました。ただし、決算発表の中、個別銘柄の物色となりました。

 24日(月)は、為替が110円台後半の円高となったことを嫌気し、一時▼197円の19901円まで下げ、売り一巡後はは日銀のETF買い期待を支えに下げ渋るものの、▼124円の19975円と4日ぶり2万円を割れました。 25日(火)も方向感のない展開で手がかり材料がないことで▼20円の19955円と3日続落となりました。26日(水)は、前日のアメリカ市場で、アメリカ株高、112円近辺への円安となったことで、一時△160円の20116円まで上昇し、△94円の20050円と4日ぶりに反発しました。27日(木)は、前日のアメリカ株式が主要3指標がそろって史上最高値となったものの、対ドルでは円高にふれたことで上値は限定的となり、△29円の20079円となりました。後場に先物にまとまった買い物が出て、△126円の20176円をつけましたが、買いは続かず引けにかけて上げ幅を縮小しました。 週末の28日(金)は、アメリカ株式はマチマチの動きの中、円は強含み(110円台後半)のため、利益確定売り優勢となって再び2万円を割れ、後場には一段安となって一時▼153円の19926円まで下げ終値は▼119円の19959円で引けました。

 28日(金)のアメリカ市場は、前日下落のテクノロジー株は一服したものの、企業決算はマチマチのため、NYダウはシェブロンの好決算で△33ドルの21830ドルと3日連続の最高値更新する一方、ナスダックはアマゾン・ドットコムの下落で続落となりました。4-6月期のGDP(速報値)は+2.6%と予想の+2.7%を下回り、同コア指標や雇用コスト指数も予想を下回ったことで、10年債利回りが低下し、ドル売りとなって1ドル=110.68円で引けました。 シカゴの日経先物は△10円の19960円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週も、円高基調で上値重く、米7月雇用統計を控え様子見