相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(3003)ヒューリック

 四季報によると、主力の賃貸ビルは空室少なく堅調。新規取得物件や建て替えによる増床も上乗せ、賃料収入が一段拡大。REITなどへの保有不動産売却は下期に集中、利益押し上げ。最高益を連続更新。連続増配。 オフィス以外の物件取得を積極化。心斎橋の商業ビル4棟取得で契約締結。商業やホテル含む『TOCみなとみらい』の底地を買収。建物も5~10年後に取得へ。不動産、保険、人材関連。

 4月27日発表。2017年12月期本決算は、前年同期比で営業利益+12.4%の600億円、経常利益+10.8%の570億円の増収・増益の見通し。

 2012年11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて、2013年11月29日の1808円でピークとなり、ここから中期の下降トレンド(A)を形成しました。この中で2016年1月21日の860円、2月12日の868円と2点底つくって底打ちとなり、そこから高値を1182円、安値は860円とする三角保ち合い(B)となり、煮詰まっていく段階で下降トレンド(A)を横にぬけて、今年の5月29日の1025円を安値に上放れとなり、7月21日の1164円で買転換となりました。
 
(3003)ヒューリック
 

(6217)津田駒工業

 四季報によると、インド向け繊維機械は高額紙幣廃止による市場混乱落ち着き、下期から回復。中国ではタオル用機械で大口案件受注。好採算の工作機械は中国の自動車向けで新規受注獲得。海外工場での現地部品調達増やし原価低減。2期連続営業黒字。子会社で開発した作業用ロボットを自社工場に導入し省人化。ロボットの外販も視野。高齢従業員の処遇改善。

 7月12日発表。2017年11月本決算の予想は、前年同期比で営業利益+9.9%の8億円、経常利益+19.9%の7億円の増収・増益の見通し。今年の1月19日、4月13日の予想と変わらず。

 2012年10月15日の92円を安値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて、上昇トレンド(A)を形成。この中で2013年5月15日の246円でピークをつけ、下降トレンド(B)へ転換。この下降トレンド(B)の中で2016年2月12日の83円で底打ちとなり、6月24日には88円で2番底をつけ上昇トレンド(C)へ移行しています。この上昇トレンド(C)の中で、今年の1月31日に192円の高値をつけて、4月14日の150円まで押し目を入れ反発後、5月23日と6月16日に170円の2点底をつけて、7月13日に196円まで上昇して1月31日の192円を更新し、終値で191円の買転換となっています。
 
(6217)津田駒工業
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!