今週は、ドル売り要因多く、日経平均の上値は重い

為替がユーロ高・ドル安から円高基調となって日経平均は上値の重い展開へ

 先週の予測では、材料不足の中、為替の動きを横目に2万円をはさんだもみあいになるとしました。早期利上げ観測から日米金利差拡大期待で7月11日には1ドル=114.49円のドル高・円安となっていたものの、イエレン議長のハト派的発言から早期利上げ観測が後退し、トランプ大統領のロシアゲート問題の政治リスクも懸念されることから円安が再びおあずけとなり、日経平均は2万円の水準の間でのもみあいが続くことになりそうだとしました。チャートからは19900~20300円の間でのもみあいが続いており、この中で14日(金)の日経平均は7月SQ値20151円を下回る20118円で引けているため、まず、このSQ値を上回る上昇ができなければ、目先のフシとなるため注目としました。

 結果的には、決算発表の中、様子見ムードの中で円高進行となって上値重く、材料不足もあって2万円をはさんで狭いレンジのもみあいとなり、安値は18日(火)の19943円、高値は20日(木)の20157円で週の終値は20099円で引けました。

 3連休明けの18日(火)は、112円台半ばの円高進行で売り優勢となり、先物売りで一時▼175円の19943円まで下落し、終値は▼118円の19999円と6日ぶりに2万円割れで引けました。19日(水)は、円高一服から買い戻されるものの上値重く△20円の20020円と小反発でした。しかし、20日(木)は前日のアメリカ市場で原油高、住宅関連指標の予想を上回る結果を受けて株式の3指標(ダウ、ナスダック、S&P)が揃って史上最高値を更新したことを受け△124円の20144円と続伸しました。トピックスは6日ぶりの年初来高値更新でした。週末の日経平均は為替が111円台の円高進行となったことで売り優勢となり、一時▼61円の20081円まで下げ、その後は日銀のETF買い期待で下げ渋りましたが、終値は▼44円の20099円で引けました。

 21日(金)のアメリカ市場は、堅調な株式相場の足をトランプ大統領のロシアゲート問題への疑惑が高まり、モラー特別検察官がトランプ大統領のロシア事業を調査すると報道されると政治的リスクから警戒感が高まり、NYダウは▼31ドルの21580ドルとなり、為替はドルが売られ一時1ドル=111.01円をつけました。シカゴの日経先物は▼100円の19980円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、ドル売り要因多く、日経平均の上値は重い