今週も為替の動きを横目に、2万円をはさんだもみあいへ

先週は、2万円は守ったものの材料不足で上値は20200円の狭いレンジでのもみあい

 先週は、為替が一時1ドル=114円台を突破したことで円安基調となるものの週末に7月SQ清算日を控え、乱高下の可能性もあるため25日移動平均線を上回ってもこれを守れるかどかとしました。12日のイエレン議長の議会証言で利上げ観測がさらに高まれば日米金利差拡大期待でドル買い・円売りが進み日経平均は25日線を上回って2万円台固めにはいることも考えられるとしました。

 結果的には、注目のイエレン議長発言はハト派的なゆるやかな利上げの方向を述べたことで世界の株式市場は、早急な利上げが後退したことで上昇(特にNYダウは最高値更新)しましたが、為替の方は日米金利差の拡大の後退から円安一服となり、日経平均は上昇できませんでした。安値10日(月)の20023円、高値11日(木)20200円と狭い範囲の値動きとなり20118円で引けました。

 10日(月)は、前週末に6月雇用統計の結果を受けてアメリカ株高、円安となっていたことでこれを好感し、△151円の20080円(25日移動平均線20040円台)となりました。11日(火)も114円台の円安を背景に△114円の20195円と続伸しました。しかし12日(水)は前日のアメリカ市場で為替が一時114.49円と5日10日の114.37円を更新したあと113円台の円高となったことを嫌気し▼97円の20098円と3日ぶりに反落しました。売買代金は6月26日以来の2兆円割れで薄商いの状況でした。この日のアメリカ市場では注目のイエレン議長の議会証言で追加金利は穏やかなプロセスになるとし、アメリカ経済に対しては楽観的な見方を示したことで、世界的な利上げの流れが世界の経済を鈍化させるという懸念を打ち消すことになりました。このため為替は円安一服となって一時113円を下回る場面もありましたが、株価は大幅上昇となりNYダウは史上最高値を更新しました。このようなアメリカ株高、円高というチグハグな結果を受け13日(木)の日経平均は、どちらへも動けず△1円の20099円で引け、売買代金は2日連続の2兆円割れとなりました。

 週末の14日(金)は、前日のNYダウが2日連続の最高値更新となり円が113円台半ばの円安水準だったことで朝方は買い先行で始まり、SQ清算値は20151円となりました。現物は20163円まで上昇して、その後は上値重くSQ値を下回って推移し、△19円の20118円で引けました。売買代金は3日連続の2兆円割れとなっていました。

 14日(金)のアメリカ市場は、12日のイエレン議長のハト派的(利上げを急がない)な証言を受けて、この日は6月消費者物価感指数、6月小売売上高がともに予想を下回ったことで、追加利上げ観測がさらに後退し、長期金利が低下してドルは112.27円まで売られました。しかし利上げ後退を好感してNYダウは△84ドルの21637ドル、S&Pは△11Pの2459Pとともに史上最高値を更新しました。シカゴの日経先物は112円台の円高進行となったことで▼70円の20040円でした。

 日本市場は海の日で休場の17日(月)のアメリカ市場は、翌日から本格化する決算発表を前に、小動きに終始し、NYダウは▼8ドルの21629ドルで為替は112円台半ばの円高水準のままでした。そのためシカゴ日経先物は▼75円の20035円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 今週も為替の動きを横目に、2万円をはさんだもみあいへ