相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5929)三和ホールディングス

 四季報によると、シャッター・ドアは欧州好調、連結化の英国関連会社も寄与。柱の国内はオフィス・ホテルなどの受注残が下期大貢献。保守も点検法制化需要で着実。鋼材高は値上げで相殺し営業増益。連続増配。18~19年度は大型オフィスの竣工相次ぐ。製販の両面強化し備え。旧大阪工場跡に間仕切り等の新工場建設、18年度に稼働。東京・板橋のショールームを一新。

 5月12日発表。2017年3月期本決算は、前年同期比で営業利益―1.6%の264.4億円、経常利益―3.4%の252.78億円の小幅の減収・減益で着地。

 2018年3月期予想は、17年3月期比で営業利益+14.6%の303億円、経常利益+17.5%の297億円と増収・増益に回復の見通し。金属:シャッター、ドア製品等。

 2012年10月4日の282円からの長期上昇トレンド(A)の中にあります。この中で2016年2月12日の660円を安値に角度の大きい上昇トレンド(B)に移行しており、この中で今年の5月12日の1243円、6月7日の1286円、6月23日の1245円と三尊天井を形成して、7月4日の1172円で売転換となっています。上昇トレンドの中での売転換ですので、短期の小幅な下げを狙うカラ売りもできますが、むしろ業績もよいため三尊天井後の調整安を狙うというスタンスで待ち伏せ買いとなります。
 
(5929)三和ホールディングス
 

(1963)日揮

 四季報によると、期初受注残16%減も受注は7500億円(前期5062億円)と回復計画。完工高ほぼ横ばい。前期あった複数の大型不採算工事の悪影響消え粗利が底打ち。営業益浮上。配当性向30%メドで減配。技術系の石塚忠社長登用し、プロジェクト管理強化と赤字発生防止を徹底。国内や東南アジア照準に発電、交通に医薬も含めたインフラ分野重点拡充。

 5月11日発表。2018年3月期予想は、2017年3月期比で営業利益は―214.96億円から260億円、経常利益は―152.15億円から300億円への黒字転換へ回復の見通し。建設:総合エンジニアリング。

 2014年1月17日の4259円をピークに下落。この下落の中で10月21日の2458円の安値から11月11日の3045円まで反発し、下降トレンド(A)へ移行しました。この中で2015年9月30日の1541円を安値に横もみとなって、いったん下降トレンド(A)をぬけるが、2016年4月25日の1985円を高値に1541円を下に切り6月24日の1343円まで下げて底打ちとなりました。ここから短期の上昇トレンド(B)へ移行し12月12日の2240円まで上昇し、ここをピークに調整入りとなりましたが、今年の5月21日の1658円、6月23日の1695円を2点底にして6月29日の1805円で買転換となって、ゆるやかな小幅の上昇(C)を上にぬけました。
 
(1963)日揮
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!