アジアの未来~4つの視点

・6月に日経主催の「アジアの未来」というフォーラム開かれた。直接聞いた中で、今後の投資戦略を考える上で参考にしたい点について、いくつか取り上げたい。

・タイのスリン・ピッスワン氏(アセアン前事務局長)は、アジアはグローバル化で発展してきたと主張する。ところが、先進国からグローバル化反対論が出て、多国間プラットフォームの再考が求められている。その中で、貿易だけでなく、資本や技術についても協力することで、アジアはさらに発展できると語る。

・グローバル化が所得格差をもたらしたという論調があるが、このリンクは小さい、と木村福成教授(慶大)は分析する。1%の人が高所得を得ているという現象は、米英では起きているが、日独では起きていない。とりわけ、日本での格差は、若者と高齢者の分配格差にあり、グローバル化とは関係ない。

・グローバル化の問題は産業調整にある。産業構造が変化し、企業のビジネスモデルが変わっていく。労働者にとっても、雇用の代替が起きる。かつて米国ではレイオフされても、次の職探しは容易であったが、それがラストベルトのような地域では簡単にいかない。

・産業調整に労働調整がついていかないことが本質で、ここのバランスをいかにとるかが課題である、と木村教授は指摘する。日本をみると、50人以上雇用している企業で、総体として雇用は減っていない。企業内で雇用をシフトさせて対応している。これが日本の特徴である。

・アジアのグローバル化は、バリューチェーンのつながりとみることができる。インフラができると、国も地域も発展する。非関税障壁を減らすと、インドや中国のような大国はもちろん、周辺国も分業の中で発展していく。

・これに対して、米国のトランプ政権はどのような意味をもつか。保護主義を主張し、2国間での公平性を追求しようとしている。しかし、2国間での貿易交渉は摩擦が大きくなりがちで、反アメリカ色が顕在化してこよう。トランプ大統領が孤立するのではないかという見方も有力である。

・インドはRCEP(東アジア地域包括経済連携)を重視している。RCEPは今年末には合意に至るのではないかという動きである。インドはまだ世界経済発展のバリューチェーンに入っていない。国民のスキルが低いのも事実であるが、もっと成長できるはずであると、ラジェシュ・チャダ氏(インド応用経済研究所シニアフェロー)は話す。RCEPが1つの軸として動き出すと、欧米を置いていくことになる。これでよいのかというのが次なる課題となろう。

・マハティール氏(マレーシア元首相)は、これまで世界のリーダーは米国であり、米国に依存する面が強かった。だが、米国は自国第一で進むという。貿易の枠組みもこれまでは米国中心であったが、これからは米国抜きで平等なしくみを作っていくべしと主張する。

・一方で、中国はどうするのか。中国は大国であり、貿易相手国として重要である。この巨大な市場を除外することはできないので、中国とはしかるべく関係を作っていく必要がある。反グローバル化の中で、中国の一帯一路をどう考えるか。シルクロードをベースに、住んでいる地域で経済圏を作り、一緒に発展しようとしている。近隣国を結ぶためのインフラを作っていく。

・いかに結びつけるかがカギで、ここに協力のメカニズムをきちんとルール化していく。中国の一帯一路は、中国が利益を独占するのではないか、というのは全く誤解であると、リー・シャンヤン氏(李向陽、中国社会科学院世界戦略研究院院長)は強調する。

・中国はこれからも成長していく。日本も一帯一路に条件付きながら協力すると安倍首相は述べた。中国企業はこれから巨大になり、高度化する時代がくる。その時、中国は軍事力ではなく、経済面での古いルールを変えてくるはずである、とマハティール氏はみている。

・アセアンはどうするのか。今のところ中国は軍事力をちらつかせている。中国の出方はよくみる必要があるが、戦争でものごとは解決しない。中国のリーダーは話せば分かるはずである、とマハティール氏はいうが本当だろうか。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> アジアの未来~4つの視点