相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5411)ジェイ エフ イー ホールディングス

 四季報によると、鉄鋼は国内外で建設・自動車向け中心に需要堅調。原料価格が不安定も販価上げ浸透で値差は改善方向。コスト削減継続。エンジも高水準保つ。在庫評価損益悪化でも経常益続伸。株売却特益続く。コークス炉更新や加熱炉新設効果など今期450億円計画。メキシコ車用鋼板合弁の19年稼働計画は堅持。投資資金捻出目的の保有株売却は今期で一巡。

 データなしのためチャート分析のみによる推奨。2018年3月期予想はデータなし。

 2015年2月26日の3039円、6月4日の3081円と2山形成のあと、下降トレンド(A)へ転換し、この中で2016年2月12日の1234円の安値をつけました。ここからの反発で下降トレンド(A)を上にぬけて4月25日の1892円まで上昇するものの2015年12月2日の2085円を戻り高値として、1892円と結ぶゆるやかな下降トレンド(B)へ移行しました。この下降トレンド(B)の中で、2016年2月12日の1234円、6月28日の1199円、11月9日の1345円の3点底(逆三尊天井)となって上放れし、今年の2月22日に2258円と昨年来高値を更新しました。ここを目先のピークにして、いったん下落し4月13日の1754円、5月18日の1748円、6月16日の1762円と3点底をつくってもみあっていましたが、本日△36円の1985円で買転換となりました。
 
(5411)ジェイ エフ イー ホールディングス
 

(7238)曙ブレーキ工業

 四季報によると、主軸の米国は収益性低い部品生産縮小で減収。が、生産正常化で物流費等減少し、通期黒字化。中国やアジアは堅調。国内は横ばいでも生産合理化効く。原材料費上昇や償却費こなし、利益回復。復配か。統括子会社解散し仏、独、スロバキア子会社は本社直轄に。赤字の欧州事業テコ入れ急ぐ。メキシコは米国から生産移管進め操業度向上。継続前提に重要事象。

 5月11日発表。2017年3月期本決算は、前年同期比で営業利益42.23億円、経常利益7.61億円の黒字転換で着地。

 2018年3月期予想は、17年3月期比で営業利益+89.4%の80億円、経常利益+662.2%の58億円の大幅増収・増益の見通し。

 2014年3月27日の446円の安値から5月8日の542円まで上昇後、小さな三角保ち合いとなって下放れし、そのまま下降トレンド(A)を形成しました。この下降トレンド(A)の中で2016年2月12日の189円、8月18日の178円と2点底となって反発し、今年の1月5日に324円まで上昇して、直近の戻り高値2016年の4月26日の300円を更新し、2月7日に264円まで押し目を入れたあと再度反発に転じ、3月3日に327円で買転換となって3月17日に396円まで上昇しました。ここから4月17日の298円まで下落後、すぐに反発となり5月16日には414円の年初来高値更新となり、その後押し目をつくっています。
 
(7238)曙ブレーキ工業
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!