今週もアメリカ市場を横目に、様子見ムード強く2万円水準での値固めへ

先週は、20200円水準でのもみあいのあと、一時、利益確定売りで2万円割れ

 先週の予測では、手がかり材料不足の中、3月期決算企業の株主総会が集中することで機関投資家は動きにくく、都議選を7月2日(日)に控え、指数はもみあいとなって中小型株物色が続くとしました。チャートでは、2万円台を維持できるかどうか注目とし、相場のレンジを下値は25日移動平均線(23日時点19911円)で上値は6月20日の20318円としました。

 結果的には、企業業績の改善期待をベースとした物色と、1ドル=112円台の円安に支えられ29日(木)には20266円と年初来高値を意識するものの、週末には月末、週末要因に加え7月2日の都議選を見極めたい空気の中で、利益確定売りが優勢となり、一時▼273円の19946円まで下げ、終値は▼186円の20033円で引けました。

 週前半の27日(火)は、前日のNYダウと欧州株高と原油価格の下げ止まりを好感したドル買い・円売りとなり、一時△76円の20250円をつけて20日の終値ベースの年初来高値20230円を上回りましたが、終値では△71円の20225円となって年初来高値更新はできませんでした。

 28日(水)は、為替は112円台の円安水準だったものの欧米株安を受け6月配当分の約26円を埋めることはできず、一時▼114円の20110円まで下げ終値では▼94円の20130円と4日ぶりの反落となりました。

 29日(木)は前日のアメリカ市場でFRBのストレステストの結果、34行の内33行が合格し、それにあわせて銀行株が一斉に増配や自社株買いを発表したことで金融株が大きく上昇し、全面高となって3指標とも大きく上昇したことで、日経平均も一時△136円の20266円まで上昇して△89円の20220円となりました。日経平均の上値は重いもののトピックスは年初来高値を更新して引けました。

 週末の30日(金)は、前日のアメリカ市場でテクノロジー株が軒並み安となったことで一転して3指標とも大幅下落となり、これを受けて日経平均は2日の都議選を控えていることもあり、利益確定売り優勢となって一時▼273円の19946円とフシ目の2万円を割り込みました。為替も一時111円70銭まで円高が進行しましたが、その後112円台に戻したこともあり、日経平均は▼186円の20033円と2万円台を守って引けました。

 30日(金)のアメリカ市場は、前日の大幅安の反動から、NYダウは一時△139ドルの21426ドルまで上昇するものの、テクノロジー株は上値重く△62ドルの21349ドルで引けました。ナスダックは▼3Pの6140Pとマチマチの動きでした。シカゴの日経先物は△75円の20065円で引けました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週もアメリカ市場を横目に、様子見ムード強く2万円水準での値固めへ