今週も、手がかり材料不足の中、加計学園問題、都議選を横目にもみあいへ

先週は、20日(火)に20318円(ザラ場)と年初来高値更新後、利益確定売り続くが2万円台維持

 先週の予測では、大きなイベントもないため、為替が落ち着いていれば2万円を回復し、2万円台での値固めをする動きを想定しました。FOMCでの6月の追加利上げのあと年内もう1回の追加利上げが示唆されましたが、経済指標の強弱がでているため日米金利差拡大期待は広がらず、ドル買いはそれほど続かないとしました。

 結果的に、欧米株高を受けて20日(火)に△162円の20230円と年初来高値を更新しましたが、その後は、利益確定売りに押され週末は20089円まで売られ△22円の20132円と2万円台で引けました。

 19日(月)は、前週末のNYダウが最高値を更新し、円高一服となっていることや、日米の大きなイベントが通過したことで買い安心から△124円の20067円と6ヶ月ぶりに2万円台を回復しました。しかし売買代金は2兆円を割り込んでいました。この日の欧米株式は、フランス国民議会選挙でマクロン氏が大勝したことで、ヨーロッパ株式が大幅高となり、この流れを受けてアメリカ株式も高くはじまり、これまで下げていたテクノロジー株が軒並み高となったことで、NYダウは△144ドルの21528ドルと最高値を連続して更新しました。  これを受けて20日(火)の日経平均は、為替も111円台後半の円安に進んだことで、一時△250円の20318円となり、ザラ場での6月2日の20239円を上回り、終値では△162円の20230円と2015年8月18日以来(1年10ヶ月ぶり)の高値となりました。

 その後は、アメリカ株式も軟調となり、円安も一服したことで利益確定売りに押され21日(水)は▼91円の20138円、22日(木)は▼28円の20110円と2日続落し、週末の23日(金)は、20089円まで下げて△22円の20132円で引けました。

 23日(金)のアメリカ市場は、このところ下げ続けていた原油価格が小幅ながら続伸したことでエネルギー株が買われ、テクノロジー株も買われたものの、一方で金融株は下落したため、主要指標はマチマチの動きとなりました。ナスダックは△28Pの6265Pでしたが、NYダウは▼2ドルの21394ドルと4日続落でした。シカゴの日経先物は△15円の20095円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週も、手がかり材料不足の中、加計学園問題、都議選を横目にもみあいへ