相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(3028)アルペン

 四季報によると、暖冬でウインター用品が想定下回る。前号比で増益幅縮小。営業外にデリバティブ評価益。18年6月期は出店4、退店2~3(前期各4、14)。ゴルフ新クラブが貢献。値引き抑制で粗利改善も進む。名古屋に『デポ』、靴専門店『ミスト』軸とする複合型モール開業。テナントにスーパーや飲食店そろえ、家族客取り込み。18年6月期にかけ小型店を実験出店。

 5月11日発表。2017年6月期本決算は、前年同期比で営業利益は+36.9%の43.59億円、経常利益は+46.6%の51.27億円と増収・増益の見通し。2016年8月8日時点の予想から一貫して変わらず、当期利益、黒字転換。

 2012年10月10日の1408円を安値に11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされ、急角度の上昇トレンド(A)となって2013年5月7日の2143円で当面のピークをつけました。ここから上昇トレンド(A)を切って6月7日の1712円まで下げて反発となり、10月21日の2092円の戻り高値をつけたあとは、2015年1月16日の1573円まで下げて底打ちとなりました。その後は2143円を高値とし、1573円を安値とするボックス相場(B)の動きとなっていました。このボックス相場の中で2016年7月8日の1625円を安値に大きな上昇となり、ボックス相場(B)を上放れして12月14日には2330円まで上昇しました。ここをピークに調整入りとなって、今年の2月9日の1912円、4月14日の1903円、5月29日の1923円と3点底の形となって、6月7日に2015円で買転換となっています。
 
(3028)アルペン
 

(6985)ユーシン

 四季報によると、13カ月変則決算。自動車部品は日米堅調。旧ヴァレオ事業は生産改善で黒字化。前期減損で年約4億円ののれん償却不要に。役員報酬減額も効く。株売却特益20億円。特損消える。最終浮上で復配か。 旧ヴァレオ事業の世界8拠点は21年メド設備入れ替えで再建加速。欧州開発人員は今後3年で25%増。リアゲート自動開閉装置など高付加価値品の開発強化。

 4月14日発表。2017年12月期本決算予想は、前年同期比で営業利益は+50.2%の49.1億円、経常利益は+60.3%の36.4億円の増収・増益。当期利益は38.70億円の黒字転換の見通し。1月13日時点の見通し以来一貫して変わらず。

 2012年11月14日の311円を安値に、アベノミクス相場にサポートされ急角度の上昇トレンド(A)を形成し、この中で2013年5月22日の935円の高値をつけました。ここをピークに上下動となり、2014年5月21日の558円で底打ちとなりました。この後は、935円を高値、558円を安値とする三角保ち合い(B)の形となっていましたが、この中で2016年6月27日の605円、8月19日の619円を2点底にして反発となって、三角保ち合い(B)を上放れし、今年の1月31日には885円の高値をつけました。ここからの調整で4月12日の701円、6月8日の713円と2点底をつけて6月19日に769円で買転換となっています。昨年の8月19日の619円を安値に短期の上昇トレンド(C)の形となっています。
 
(6985)ユーシン
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!