今週は、大きなイベントなく為替が落ち着いていれば、2万円台固めの動きへ

先週は、4日連続安のあと25日移動平均線を終値で守ったことで反発して引ける

 先週の予測では、ナスダックの動きとFOMCの利上げ後の発表に注目とし、目先は円高の流れにあるので日経平均は下げることを想定し、その場合は終値で25日移動平均線(6月12日時点19835円)を守れるかどかがポイントとしました。

 結果的には、テクノロジー株がいったん下げ止まったことでナスダックも下落が止まったものの、アメリカの経済指標の結果を受けて為替が一時2ヶ月ぶりに108円台の円高進行となり、これを受けて日経平均も一時19755円まで下落しましたが、終値では25日移動平均線でぴったり止まりました。週末は一気に110円台への円安進行となったことで、一時2万円を回復しましたが19943円で引けました。

 12日(月)は、前週末のアメリカでの主力テクノロジー株が急落し、ナスダックが大幅安となったことで、主力輸出株中心に利益確定売りから▼104円の19908円と再び2万円を割り込みました。13日(火)は、前日のアメリカ市場でテクノロジー株の下落が続いてアメリカ株式は軟調だったことで、一時19850円まで売られましたが、好業績の内需株が買われ▼9円の19898円の小幅続落となりました。14日(水)は、前日のアメリカ株式は反発したものの、FOMCを前に様子見ムード強く2万円を回復する場面もありましたが、▼15円の19883円と3日続落となりました。この日の引け後のアメリカでは、5月小売売上高や5月消費者物価指数が予想を下回ったことで、ドル売りが加速し為替は4月21日以来の約2ヶ月ぶりの108円台の円高となりました。その後はFOMCで予想通り0.25%の追加利上げが決定し、年内あと1回の追加利上げが示唆されたことで109円台半ばまで円安が戻りました。15日(木)の日経平均は円高が重しとなって25日移動平均線(前日、19837円)を割り込む▼67円の19815円で始まり、一時19755円まで下げ、いったん下げ幅を縮小して19963円まで戻しましたが、戻り待ちの売りに押され、▼51円の19831円とこの日の25日移動平均線とほぼ同値で引けました。何とか終値では25日移動平均線を守ることになりました。引け後のアメリカでは、FOMCの結果発表では、もう1回の追加利上げというタカ派的なものとなったことでドルが買い戻され110円台後半の円安で引けました。これを受けて週末16日(金)の日経平均は、一時111円台へ円安が進んだこともあり、又、日銀金融政策決定会合で現状維持の決定もあって△183円の20015円まで上昇しましたが、その後は利益確定売りと週末要因で△111円の19943円で引けました。

 16日(金)のアメリカ市場では、テクノロジー株は利益確定売りが続き小売株が軒並み下落となる一方で、原油価格の反発を好感してエネルギー株が上昇しました。NYダウは△24ドルの21384ドルと最高値更新となりましたが、ナスダックは▼13Pの6151Pの続落とマチマチの動きでした。為替は経済指標が予想を下回ったことで、1ドル=111.42円から110.63円まで下げ、引け値は110.87円となり、シカゴ日経先物は▼20円の19920円で引けました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、大きなイベントなく為替が落ち着いていれば、2万円台固めの動きへ