オムロンの中期計画とアナリストの反応

・4月27日に、オムロンは2016年度の決算発表と新中期計画の説明会を行った。28日の株価は4665円、前日の5060円から-7.8%の下落となった。その後の株価も戻りも鈍い。これをどう見るか。

・2017年3月期の業績は売上高7942億円(前年度比-4.7%)、営業利益675億円(同+8.5%)、税前利益654億円(同-0.3%)、純利益459億円(同-2.8%)であった。

・この期で終わった3カ年計画では、1)IA(制御機器)の最強化、2)中国・アジアでの飛躍的成長のための基盤構築、3)環境に続く、産業、社会生活での新規事業の創出によって、“自走的”な成長構造の確立を目指した。

・会社側の評価としては、①IA事業の成長回帰、②稼ぐ力の着実な向上、③収益を伴った成長を実現する事業構造への転換について、成果が上がったとしている。

・2014年4月に発表した2017年3月期の定量目標は、売上高9000億円以上、売上高粗利率40%以上、営業利益率10%以上、ROIC 13%前後、ROE 13%前後、EPS 290円前後というものであった。

・結果は、売上高7942億円、粗利率39.3%(3年前の2014年3月期38.5%)、営業利益率8.5%(同8.8%)、ROIC 10.3%(同11.3%)、ROE 10.1%(同11.6%)、EPS 215円(同209円)という内容であった。定量目標には届かなかった。業績が最もよかった1年目の2015年3月期にROIC 13.4%、ROE 13.5%と目標をクリアした局面もあった。

・今2018年3月期の会社計画は、売上高8100億円(前年度比+2.0%)、営業利益680億円(同+0.6%)、税前利益655億円(同+0.0%)、純利益485億円(同+5.5%)と、ほぼ横這い圏に留まる。

・今期から始まる新中期計画「VG2.0」では、1)注力ドメインをFA、ヘルスケア、モビリティ、エネルギーマネジメントに再設定し、事業を最強化する、2)FAにおけるi-Automation、ヘルスケアにおける循環器(血圧計)、呼吸器(ネブライザ)、ペインマネジメント(疼痛管理)などにおけるビジネスモデルを進化させる、3)AIを活用したディープセンシングなどの技術を磨くために、東京(先進AI技術)や米国西海岸(AIアルゴリズム開発)に新たな拠点を設け、コア技術を強化する。これらの3つの戦略を自社だけではなく、4)パートナーと協創することで、質量兼備の地球価値創造企業を目指す。

・4年後となる2021年3月期の定量目標は、売上高1兆円(2017年3月期7942億円)、粗利益率41%以上(同39.3%)、営業利益1000億円(同675億円)、営業利益率10%(同8.5%)、ROIC 10%以上(同10.3%)、ROE 10%以上(同10.1%)、EPS 300円以上(同215円)である。注力ドメインの制御機器とヘルスケアで売上高年率10%成長を図り、全体の粗利率の向上を通して、営業利益でも年率10%の成長を確保する。

・そのために、今後4年間で成長投資(M&Aとアライアンス)1000~2000億円(過去3年では447億円)、R&D費2700億円(同1514億円)、設備投資1600億円(同1007億円)を予定する。前半2年で先行投資しつつ後半2年で成果を上げていくというパターンである。このR&Dに関する先行費用増もあって、今2018年3月期の営業利益は横這いに留まるという計画を組んでいる。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> オムロンの中期計画とアナリストの反応