今週は、FOMC後のコメントとナスダックの当面の動きに注目し様子見へ

先週は、様子見から一時19900円割るが、イベント通過で週末2万円回復

 先週の予測では、8日(木)にコミー前FBI長官の議会証言など海外イベントがあって様子見が基本となり、週末はメジャーSQもあるため先物主導での値動きが想定されるとし、下げても19900円水準が下値となるとしました。

 結果的には、8日のイベントを前に様子見となって日経平均は4日連続安となり、一時19896円まで売られるものの週末の9日(金)は、大幅反発となって20013円と2万円の大台を回復して引けました。

 5日(月)は、前週末のアメリカ株式は、3大指標がそろって最高値更新したものの日本株式は110円台の円高が重しとなり、20224円まで上昇するものの利益確定売りに押され▼6円の20170円と3日ぶりに小反落となりました。6日(火)は、アメリカ株安と110円台前半の円高を嫌気し、先物主導で下げ幅を拡大し、一時▼222円の19948円まで下げ▼190円の19979円と大幅続落となり、3日ぶりに2万円を割れました。7日(水)は、為替が109円台となったことで一時▼71円の19908円まで下げましたが、日銀のETF買い期待を支えに下げ幅を縮小し、プラスに転じて△4円の19984円を小反発となりました。

 8日(木)は、取引前の発表で1-3月期GDPの改定値が前期比△0.3%と予想の△0.6%を下回り、さらに日銀が異次元緩和の出口に着手するという思惑が流れ、ドルが一時109.12円まで売られたことで、日経平均は下げ幅を拡大させ19896円まで下げて、▼75円の19909円で引けました。週末の9日(金)は、コミー前FBI長官の議会証言にアメリカ市場は、ほとんど反応せず株高となり為替もやや円安となったことで△104円の20013円と反発し、4日ぶりに2万円大台を回復しました。又、SQ値は19999円となっており、現物は20013円とSQ値を上回って引けておりますので、戻りを試す状況にはなっています。

 9日(金)のアメリカ市場は、イギリスの総選挙で保守党が過半数とれなかったことや、コミー前FBI長官の議会証言への反応もほとんどなく朝方は3指標とも史上最高値更新の動きとなっていましたが、アナリストから主力テクノロジー株が割高だと指摘されたことで、アップルなど主力株が急落となり、ナスダックは▼113Pの6207Pとなりました。NYダウは△89ドルの21271ドルと堅調でした。シカゴ日経先物は▼35円の19915円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、FOMC後のコメントとナスダックの当面の動きに注目し様子見へ