相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(7740)タムロン

 四季報によると、柱のカメラ交換レンズは市場縮小も新製品効果で増加。小粒だがドローンや車載向けレンズ成長。監視カメラは現在手薄の中国メーカーに納入拡大。交換レンズ増強の投資拡大で償却費増も営業増益。中国メーカーへの納入拡大期し、レンズ開発部隊を中国工場にも配置。ドローンなどの新規顧客開拓をにらみカメラモジュールを投入、拡販に力注ぐ。4月28日発表(2月9日時点と予想は変わらず)

 2月9日時点で、2016年12月期本決算は、前年同期比で-48.2%の23.61億円、経常利益は-44.5%の28.55億円と大幅減収・減益で着地するも2017年12月期予想は、16年12月期比で営業利益は+35.5%の32億円、経常利益は+12.1%の32億円と増収・増益に回復の見通し。

 2015年5月27日の2992円をピークに下降トレンド(A)入りとなりました。この中で2016年7月7日の1257円で底打ちとなり、下降トレンド(A)をぬけて上昇トレンド(B)へ転換しています。この中で今年の2月23日の2192円をつけて、4月17日の1897円まで押し目を入れ、5月9日の2190円まで反発するものの、ダブル天井の形となって再び押し目を入れています。中期的にチャートをみると、2016年2月12日の1530円、7月7日の1257円、11月9日の1558円と三点底(逆三尊天井)をつけて、2016年3月23日の1927円をいったん上にぬけていますので、三点底が確定した形となっています。
 
(7740)タムロン
 

(7283)愛三工業

 四季報によると、海外は数量堅調だが、円高で目減り。日本は生産移管進み厳しい。合理化で補えず減益。減配。18年3月期は国内苦戦だが、アジアで2輪向け等伸びる。欧米も着実増。工場立ち上げロスも消え増益に。ASEANとインドで2輪電子制御燃料噴射の品ぞろえ拡充。中国、韓国はキャニスタ拡販。本格稼働したメキシコ第2工場は日系向けに燃料ポンプ等増産。

 4月27日発表。2017年3月期本決算は、前年同期比で営業利益-17.2%の81.59億円、経常利益―20.8%の74.07億円と減収・減益で着地。

 2018年3月期予想は、2017年3月期比で営業利益は+7.9%の88億円、経常利益は+18.8%の88億円と増収・増益に回復見通し。

 2014年10月17日の762円の安値からの上昇トレンド(A)の中で2015年12月1日の1348円でピークとなり、下降トレンド(B)を形成しました。この中で2016年6月20日の621円、7月7日の620円とダブル底の形で底打ちとなって8月2日の770円まで上昇し、8月3日に714円まで押し目を入れたあと、下降トレンド(B)を上にぬけて上昇トレンド(C)へ移行しました。この上昇トレンド(C)の中で12月12日の1024円まで上昇し、短期調整となって今年の4月17日の853円まで下落したあと、5月8日の1015円まで反発し、押し目を形成しています。
 
(7283)愛三工業
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!