相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5480)日本冶金工業

 四季報によると、高機能材は海外向けが厳しいが、ステンレス一般材は国内公共工事や自動車向けに動意。原料との価格スプレッド改善し営業益上方修正。増配。18年3月期は一般材が数量やや増え価格も上向く。海外向け高機能材も底打ち。連続営業増益。新日鉄住金の日新製鋼子会社化に伴う公取委の判断でステンレス冷延鋼板の一部営業権を手中に。販路が拡大。

5月9日発表。2017年3月期本決算は、前年同期比で営業利益は+130%の43.52億円、経常利益は+443.7%の28.49億円と大幅な増収・増益で着地。

2018年3月期予想は、2017年3月期比で営業利益+31%の57億円、経常利益は+58%の45億円と引き続き大幅な増収・増益の見通し。

2012年9月5日の62円を安値とする下値を切り上げる直角三角形(A)の中で、2013年6月27日の102円を安値に急騰となって、2ヶ月強で9月24日の400円までの約4倍化となりました。ここをピークに2014年2月4日の225円まで調整したあとは、三角保ち合い(B)へと移行し、この煮詰まったところで2014年7月30日の352円を高値に下降トレンド(C)へ転換しました。この下降トレンド(C)の中で、2016年2月12日の94円で底打ちとなり、7月8日の111円を2点底にして大幅上昇となり、5月11日に269円まで上昇して押し目となっています。

(5480)日本冶金工業

1 2 3

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!