相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6807)日本航空電子工業

 四季報によると、柱のコネクターは中国スマホ向け伸長でも車載用が搭載車種の不振響き減益。18年3月期は中国スマホの東南ア輸出増に伴う需要を深耕。ただ前期伸び悩んだ新型コネクターに浮揚感ない。回復緩慢。1月NECが公開買い付けで当社株買い増し再子会社化。IoT技術活用し航機等の拡販狙う。建機や農業向け慣性計測装置開発、18年にGPS搭載目指す。

4月26日発表。2017年3月期本決算は、前年同期比で営業利益は-32.7%の120.59億円、経常利益は-46.0%の91.54億円と減収・減益で着地。

2018年3月期予想は、2017年3月期比で、営業利益で+32.7%の160億円、経常利益+52.9%の140億円と増収・増益に回復の見通し。

2015年6月8日の3595円をピークに本格調整となり、下降トレンド(A)入りとなりました。この中で2016年2月12日の975円で底打ちとなり、短期の上昇トレンド(B)となって6月1日の1697円まで上昇し、ここから上昇トレンド(B)を切って7月7日の1294円まで下げたあとは、終値ベースでおおよそ1300~1750円のボックス圏の動きとなっています。この中で今年の1月13日に1769円の戻り高値をつけたあと、4月18日の1271円をボックスの下限を少し切ったところまで下げて反発となり、5月9日の1601円まで上昇後、押し目を形成しています。

(6807)日本航空電子工業

(6719)富士通コンポーネント

 四季報によると、車載向け数量増。想定比円安で海外目減り僅少。海外調達費増でも前号営業益微減予想から一転増。為替差損減。無配。18年3月期も車載向けにリレー、タッチパネル底堅い。産業機器向けも伸長。中国工場移転完了し生産効率向上。増益続く。直流450V対応の電力変換器開発。EVやPHVから住宅に給電可能に。体積を他社従来品の半分に抑え訴求。

4月26日発表。2017年3月期本決算は、前年同期比で営業利益は+10%の9.98億円、経常利益は+38.5%の7.09億円の増収・増益で着地。

2018年3月期予想は、2017年3月期比で営業利益+0.2%の10億円、経常利益+26.9%の9億円の見通し。

※リレー、タッチパネル軸にサーマルプリンターや無線モジュールなど手がり、車載市場向けが好調。

2015年の4月30日の654円、7月8日の664円を2点天井にして、下降トレンド(A)を形成。この中で2016年8月5日の245円、11月9日の242円でダブル底の形となって反発し、12月22日の489円まで上昇するも長い上ヒゲの形となって反落し、今年の4月14日に305円まで下げて、上昇トレンド(B)を形成してきています。ここから4月26日の452円まで戻したあと、5月18日の363円まで押し目を入れてもみあっているところです。

(6719)富士通コンポーネント

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!