今週も、アメリカ株式と為替の動向をみながら19500~2万円のレンジの中での動き

先週は、アメリカ株高にサポートされて19850円まで上昇するも上値重く19686円で引ける

 先週の予測では、アメリカの政治的リスクを前に、日経平均は19500~2万円のレンジの中での日柄調整が続くとしました。その理由の1つにトランプ政権への不透明感から、アメリカ株式が上昇してもドルは買われにくく、ドルの反発が弱いことで日経平均も戻りが限定的と思われるとしました。又、FOMC議事録で6月利上げ観測が確認され、原油の減産延長が決定されれば、基本的にはドル買い・円売りの方向となって日経平均をサポートするが、あくまでも19500~2万円のレンジの中での動きを想定しました。

 結果的に23日(火)の19585円を安値に戻りを試す動きとなり、24日(水)は、OPEC総会での減産期待やFOMCを控えて債券利回りが上昇し円安となったことで、19782円まで上昇し、5月7日にあけたマドを埋め(19764円)を達成し、この流れを受けて25日(木)は19850円まで上昇して△70円の19813円となりました。ここからは上値重く週末の26日(金)は▼126円の19686円と反落して引けました。基本的に想定した動きとなりました。

 22日(月)は、前週末のアメリカ株高を受けて買い先行となり、原油高を受けて一時△132円の19722円まで上昇するものの、買い一巡後は前日夕方の北朝鮮のミサイル発射を受けて為替がやや円高となったこともあり上げ幅を縮小し△87円の19678円で引けました。売買代金は約1ヶ月ぶりに2兆円割れの1兆9224億円でした。23日(火)は、イギリスでコンサート中に爆発事件が起きてやや円高となっており、日経平均は▼65円の19613円と反落しました。24日(水)になると前日のアメリカでFOMCを前に債券利回りが上昇して、112円近辺への円安となったことを支えに5日移動平均線を上にぬき、19782円まで上昇して、5月17日の日足チャートのマド埋め(19764円)を達成しました。これによって上値のフシが目先なくなったことで相場は動きやすくなったといえます。25日(木)は、アメリカ株式が5日続伸となったことや、日経平均の目先のフシがなくなったことで、19850円まで上昇し、終値は△70円の19813円と19800円台を回復しました。しかし、ここからの上値は重く26日(金)は、前日のアメリカ株式は続伸ながら戻り売り優勢となり、週末要因もあって下げ幅を拡大し、▼126円の19686円と3日ぶりの反落となりました。

 26日(金)のアメリカ市場は、企業決算が総じて予想を上回ったことが相場の下支えとなり、週末にもかかわらず利益確定売りは強まらず、S&Pとナスダックはわずかだが史上最高値を更新し、NYダウは▼2ドルの21080ドルとほぼ横ばいで引けました。シカゴの日経先物は▼5円の19705円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 今週も、アメリカ株式と為替の動向をみながら19500~2万円のレンジの中での動き