相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(1430)ファーストコーポレーション

 四季報によると、好採算の造注方式軸に分譲マンション建設着実。不動産収入も3倍強の76億円台。作業員効率配置進む。本社移転費こなし、営業益増。1部上場記念配。18年5月期は新規顧客中心に造注案件増狙う。都心部で開発の分譲マンションは新規取引先デベロッパーが今期22社超へ拡大(前期末16社)。横須賀市佐島に16年9月着工のケアハウスは18年4月引き渡し。

 4月7日発表。2017年5月期予想は、前年同期比で営業利益+19.2%の19.08億円、経常利益は+21.3%の18.36億円と増収・増益の見通し。

※分譲マンション施工を主力に展開するが、土地取得、企画から一貫に手掛ける高採算の「造注方式」で強みをもつ。一段の上方修正期待も。

 過去1年強のチャートとみると、2016年3月29日の1150円を高値に、短期の下降トレンド(A)を形成。この中で9月2日の691円で底打ちとなり反発となって下降トレンド(A)を上にぬけて10月28日の980円まで上昇し、ここから11月9日の850円まで下げて三角保ち合い(B)へ移行しました。この煮詰まったところで今年の1月23日の884円を安値に上放れとなり、2月13日に921円で買転換となって3月31日の1080円まで上昇し、ここから4月14日の948円まで押し目を入れたあと再上昇となり、5月19日には1171円の高値となっています。
 
(1430)ファーストコーポレーション
 

(3341)日本調剤

 四季報によると、主柱の薬局は薬価下げ直撃、処方箋枚数伸び悩む。後発薬製造の価格競争も想定超。一転減益に。18年3月期は店舗純増50程度(前期同40)。改定一巡し調剤技術料が通期改善。後発薬製造も値引き抑制。かかりつけ薬剤師実績積み上げ、基本料の引き下げ特例を11店舗で解除(1月末時点)。16年度末40店目標。第一生命グループと医療保険販売等で業務提携。

 4月20日発表。2017年3月期本決算は、前年同期比で営業利益は-18.8%の85.19億円、経常利益は-19.3%の79.76億円の減収・減益で着地。

 2018年3月期予想は、2017年3月期比で営業利益+18.6%の101.05億円、経常利益+22.9%の98.04億円の増収・増益に回復の見通し。

 2012年10月3日の976円(分割前1952円)を安値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて大きな上昇相場となり、2015年8月4日の6425円(分割前12850円)まで上昇し、ここをピークに9月8日の3630円(分割前7260円)まで押し目を入れました。この3630円からの反発で11月2日の5700円の戻り高値をつけ、2016年2月12日の3245円まで下げたあと、三角保ち合い(A)の中で、今年の4月14日に3495円の安値をつけて反発し、上値抵抗ラインに向かって上昇しているところと思われます。
 
(3341)日本調剤
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!