相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6798)SMK

 四季報によると、リモコンは衛星向け減。コネクターも中国スマホ部品シェア争いが想定以上に厳しい。減益幅拡大。為替差益。18年3月期はタッチパネル単価下落だが車載センシングやカメラモジュール拡大で支える。カメラモジュール設備増強、17年度稼働。車載拡大。近距離無線通信技術扱うスロバキア社と合弁設立、新興国向けスマホのモバイル決済用チップを拡販。
4月26日発表。2017年3月期決算は、経常損益は-60.5%の13.98億円となっています。2018年3月期は事業環境の改善で増収・増益に転じる見通しを発表。コネクターなど接続部品の大手でスマートフォン向けが主軸。
2012年11月15日の189円を安値にアベノミクス相場にサポートされ、2014年1月9日の723円まで大幅上昇となり、ここでピークとなって急落し、5月22日には356円の安値をつけました。ここから再上昇となって上昇トレンド(A)を形成し、2015年12月2日の699円まで上昇して2014年1月9日の723円に対する2番天井となりました。ここから上昇トレンド(A)を切って2016年2月13日の473円まで下落し、3月22日の602円まで反発するものの業績の下方修正を受けて、8月25日の316円まで下げて底打ちとなりました。ここからの反発で12月12日の447円まで上昇後、もみあって今年の3月2日に447円をつけダブル天井となって4月17日に364円まで下げ2018年3月期の期待から反発しかかっています。

(6798)SMK

(2809)キユーピー

 四季報によると、販促費計上法変更での売上目減り一巡。卵は横ばい。ただ調味料はマヨ・ドレの好採算主力品が好調。サラダも新製品効果で伸長。原料高見込む会社計画慎重、営業益続伸。最高純益。6期連続増配。健康志向の高まり受けブドウ等フルーツ原料のドレッシング投入。海外は北米で現地製造のドレ拡販。ポーランドでもマヨなど製造販売開始、欧州市場開拓。
4月3日発表時点。2017年11月本決算予想は、2016年11月期比で営業利益は+10.7%の330億円、経常利益は+8.7%の341億円と増収・増益の見通し。
2014年5月7日の1404円を安値に急角度の上昇トレンド(A)を形成し、この中で2015年4月10日に3575円の高値をつけました。ここから反落となって上昇トレンド(A)を下に切り、9月16日の2246円まで下げ、ここを安値にゆるやかな下値切り上げライン(B)となっています。この中で2016年1月18日の2304円の安値から短期の上昇トレンド(C)となって、7月7日に3590円をつけて、2015年4月10日の3575円の高値を更新しました。ここをピークに反落となり、12月7日の2479円まで下げて、今年の3月30日の3290円まで上昇し、4月12日の2726円まで押し目を入れ、5月8日に2914円で買転換となっています。

(2809)キユーピー

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!