相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6844)新電元工業

 四季報によると、足元の円安が想定超。引当金なくなる。前号より営業益反発の幅拡大。18年3月期は新興国の景気減速が響き主力の2輪電装品は伸び悩む。ただ空調や車載向けにデバイス堅調。太陽光パワコンも生産効率化で赤字幅縮小。営業増益が続く。パワーモジュールは車載向けに受注開始、17年度から徐々に寄与。太陽光事業は監視サービスのラインナップ拡充。
 4月27日発表。2017年3月期決算予想は、2月6日時点と比較して前年同期比で営業利益は+200.4%の24億円から+550.8%の52億円、経常利益は+295.1%の16億円から+1060.5%の47億円と大幅上方修正の見通し。2017年3月期本決算は5月12日の予定。
 2014年5月12日の390円を安値に大幅上昇となり、9月29日の781円まで上昇。ここをピークに下降トレンド(A)へ転換し、2016年2月12日の310円で1番底、ここからの反発でもみあって6月1日の431円まで上昇後、再下落となって7月8日の304円で2番底となりました。2点底の形となって上昇トレンド(B)へ移行し、先月の4月28日には2016年12月2日の515円の戻り高値を突破し、上昇トレンド(B)も上にぬけて547円まで上昇し一服しているところです。
 
(6844)新電元工業
 

(1417)ミライト・ホールディングス

 四季報によると、3件買収で売上180億円上乗せ。通信工事は下期に持ち直し。前期の不採算案件影響も解消し、営業益反発。18年3月期は前期の買収が通期寄与し売上約30億円上乗せ。通信工事は移動体向けの回復が牽引。屋根用太陽光工事も伸び続伸。施工、営業、保守など行う全国約70拠点を早期に50拠点へ集約方針。間接要員、工事車両等の効率化を狙う。
 4月28日決算発表。2017年3月期本決算は、前年同期比で営業利益は+64.2%の100.61億円、経常利益は+57.2%の105.90億円と増収・増益で着地。
 2018年3月期決算予想は、2017年3月期比で営業利益+24.2%の125億円、経常利益は+22.8%の130億円と大幅増収・増益の見通し。2期連続の大幅増益の見通し。
 2012年11月13日の575円を安値にアベノミクス相場にサポートされ、上昇トレンド(A)を形成。この中で2015年6月22日の1491円でピークをつけ、もみあったあと買われ過ぎからの急角度の下降トレンド(B)へ転換しました。この下降トレンド(B)の中で2016年2月12日の736円で底打ちとなり、6月1日の1132円まで上昇し、押し目を入れたあと7月12日の1150円まで上昇して2点天井(終値ベースではダブル天井)となって、8月19日の827円まで下落しました。このあとは好決算期待から戻りを試す動きとなり、今年の3月17日には2点天井を突破して1195円をつけ、4月14日の1040円まで押し目を入れたあと、5月1日には1211円の高値更新となっています。
 
(1417)ミライト・ホールディングス
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!