【IRアナリストレポート】エー・ディー・ワークス(A.D.W.)(3250)

~ライツ・オファリングの活用による資金調達~

【ポイント】
・ライツ・オファリングによる3回目のファイナンスに挑戦する。前2回はその資金を活用して、事業基盤の強化と成長機会の獲得に成功した。時価総額は1回目のファイナンス前の10億円から、2回目の資金活用を通して同100億円前後まで急ピッチで拡大した。

・今回のライツ・オファリングは、ノンコミットメント型、かつ行使価額ノンディスカウント型である。成長投資の資金調達をしたい一方で、既存の株主に不平等かつ不利益をもたらさない方法を選択した。権利行使をコミット(約束)せず、行使価額をディスカウントしないので、株主はより平等に権利を行使するか、市場で売買するかを選ぶことができる。

・具体的には、行使価額39円(または6/29の株主総会前日の株価の低い方)で、1:1の割合で新株予約権が7/12の株主に無償割当される。1000株所有する株主であれば、3.9万円の払い込みでもう1000株が手に入る。権利行使の期間は7/13~9/12の2か月間である。3回のライツ・オファリングの株主還元として、9月末に1.65円の感謝配当を実施する予定だ。配当利回りで4.2%に相当する。この配当取りに向けて権利行使が進もう。

・会社にとっては、権利行使比率の程度によって、調達金額が変動する。新株予約権の総数は約223百万株なので、100%行使されるならば87億円(39円×223百万株)から発行費用を除いた85億円が調達できる。50%なら42億円、25%なら21億円である。2か月間の間株価がずっと39円以下であれば、権利行使が進まず、資金調達ができないこともありうる。

・42億円のファイナンスができたとすると、40億円を主力の収益不動産の残高積み上げに、2億円を不動産テックの新規事業に活用する。40億円の自己資本をベースに、79億円の銀行借り入れが可能となるので、合計で119億円の事業拡大が可能となる。この投資でROE7~10%が見込めるので、中期3カ年計画は大きく前進し、達成できることになろう。

・今回のファイナンスは、中長期の事業展開に着実に貢献するので、株主や投資家の理解が得られるならば、うまくいくものとみられる。個人富裕層への米国ビジネスのユニークさと、不動産テックのプラットフォームの展開の可能性について大いに注目したい。同時に、既存株主を圧倒的に大事にした成長資金の調達である、という点も評価したい。

レポート全文はこちらから
http://www.belletk.com/ADwa-kusu201705.pdf
 

日本ベル投資研究所の過去レポートはこちらから

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 【IRアナリストレポート】エー・ディー・ワークス(A.D.W.)(3250)