目先は円安要因多い相場環境で、近いうちに2万円達成か

先週は、連休の谷間好調で、連休中は為替の円安進行で先物大幅高

 先週の予測では、営業日数は連休の谷間で2日間しかなく、市場参加者も少ないため為替の動きや日米の業績を踏まえた動きとなり、19000~19600円の長くもみあったレンジの中で、19400円水準を上値とする動きを想定しました。

 結果的には、円弱含みの中で好業績銘柄物色が根強く続き5月1日(月)は、△113円の19310円、2日(火)は△135円の19445円となって19400円台を回復して引けました。その後の日本市場の連休の間のアメリカでは、景気に楽観的な見方や6月利上げの確率が高まり、113円水準までドルが買われて円安が進行したことで週末のシカゴ日経先物は△225円の19705円となっていました。

 5月1日(月)は、朝方は一時▼52円の19144円まで売られるものの、売り一巡後は好業績銘柄物色を支えにプラスに転じ、午後にアメリカ議会が歳出法案に暫定合意したとの報道を受け、やや円安にふれたことで△113円の19310円と3日ぶりの反発となりました。2日(火)も引き続き好業績銘柄物色が続き、その背景には2018年3月期業績見通しは、現時点では概ね堅調との予想が多く、ゴールデンウィーク明けは高いとの先回り買いの動きがでているとの見方がありました。 連休中のアメリカ市場の動きで注目するのは3(水)のFOMCで結果は、1-3月期のGDPの悪化は一時的なものとして、アメリカ経済に対する楽観的な見方を示し、インフレ判断を引き上げたことで6月利上げを示唆したとの見方からドル買いが活発となり、4日(木)には1ドル=113.05円まで買われました。しかし、その後、原油が急落したことで112.46円で引けました。5日(金)はアメリカの4月雇用統計は非農業部門雇用者数は前月比+21.1万人(予想18.5万人)と予想を上回り、失業率も4.4%(前月比-0.1%)と10年ぶりの低水準になったことで、NYダウは△55ドルの21006ドルと3月3日以来の21000ドル乗せとなりました。これを受けて6月の追加利上げの確率がますます高まることになります。為替は1ドル=112.77円で引け、シカゴ日経先物は△225円の19705円となっています。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 目先は円安要因多い相場環境で、近いうちに2万円達成か