今週は、相場環境は改善するも19000~19400円の中でのもみあい

ヨーロッパの政治リスク、北朝鮮の地政学的リスク後退し、19000円台回復

 先週の予測では、前週末の21日(金)に終値18620円となって4月SQ値18613円を上にぬけたことで、フランス大統領選や北朝鮮人民軍創設記念日に何も起こらなければ、18500~19000円のレンジの中で、25日移動平均線をぬければ19000円を試す動きを想定しました。

 結果的には、23日(日)のフランス大統領選の第1回投票で中道系のマクロン前経済相がトップ当選し、EU離脱懸念が後退、さらに北朝鮮問題も何も起こらなかったことで地政学的リスクが後退し、大幅な円安進行となったことで日経平均は19000円台を突破する動きとなりました。

 24日(月)は、前日のフランス大統領選でマクロン前経済相がトップとなり、決戦投票に残れなかった2候補がマクロン氏を押すことを表明したことで、フランスのEU離脱懸念は大きく後退し、ユーロ買い・円売りからドル買い・円売りとなったことで、日経平均は△255円の18875円となって柴田罫線で買転換出現となりました。さらに25日(火)は、前日のアメリカ株式の大幅高に加え、北朝鮮での動きが無かったことで地政学的リスクが後退し、為替も1ドル=110円台の円安進行となったことで、△203円の19079円と一気に19000円台を回復してきました。引き続き26日(水)は、NYダウがヨーロッパの政治リスクや地政学的リスクの後退で2日連続の200ドルを超す上昇となり、為替も1ドル=111円台へと急伸してきたことで、△210円の19289円と3日続伸の200円超えの上昇となりました。しかし27日(木)は、トランプ政権の大幅減税案の内容によっては、トランプラリーの再燃も期待されましたが、財源の裏付けのないものであったことで、法案の成立には不透明感が意識されアメリカ株式は反落し、日本株式も売り優勢となって▼37円の19251円となり、週末の28日(金)もゴールデンウィークを控え利益確定売り優勢となって▼55円の19196円で引けました。

 28日(金)のアメリカ市場は、1~3月期GDP(速報値)は、予想の+1.2%を下回る前期比+0.7%となったことでNYダウは▼40ドルの20940ドルと反落しました。好調な企業決算が下値をサポートしています。シカゴの日経先物は△15円の19215円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、相場環境は改善するも19000~19400円の中でのもみあい