相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(1847)イチケン

 四季報によると、受注が大型物件増え、830億円(前期776億円)に上振れ。つれて完工高が増加。前号比で営業増益幅拡大。18年3月期は期初手持ちが増加。受注が高水準維持なら、完工高拡大。五輪工事本格化で労務関係に懸念あるが、営業増益歩調。5月に17年度からの3年中計を公表。商業施設を中心に医療・介護、教育、ホテルなど大型の受注実績で幅広がる。

 2月10日発表。2017年3月期予想は、前年同期比で営業利益は、2016年11月11日時点の-10.0%から+5.4%の41億円、経常利益は-10.2%から+5.6%の40億円と上方修正。過去最高益の見通し。

 マルハン(年商2兆円超のパチンコホール)系の建設会社でカジノ関連としても物色される傾向もある。

 2012年11月13日の130円を安値にアベノミクス相場にサポートされ、当初はゆるやかな上昇トレンド(A)となっていましたが、この中で2014年2月4日の154円を安値に急騰し、8月27日には450円の高値をつけました。ここをピークにいったん買われ過ぎから調整入りとなり、2015年7月9日の230円まで下げました。ここから再び急上昇となって11月11日には484円と高値を更新しました。このあと再び調整入りとなり、2016年7月8日の243円まで下落、もみあったあと三度の急上昇となって、今年の2月21日には519円の高値更新となりました。ここをピークに買われ過ぎから日経平均につれ安して下落していますが、大きく下げたところは買い下がって報われる銘柄といえます。
 
(1847)イチケン
 

(1852)淺沼組

 四季報によると、受注1300億円(前期比7%減)へ上振れ。労務費など上昇前提の会社計画慎重で前号より利益増額。125周年配。18年3月期は手持ち潤沢。施工進み完工高原。ただ資機材費、人件費増が圧迫。3月の公募増資で約25億円を調達。技術研究所の増改築や設備更新、免耐震設計など研究開発機能の強化に充当。ICT関連・基幹システム投資も実施へ。

 2月10日発表。2017年3月期予想は、前年同期比で昨年の11月9日時点で営業利益は-21.6%から-7.7%の59.6億円、経常利益は-22.7%から-7.6%の56.9億円と上方修正の見通し。

 2014年5月20日の112円を安値に上昇トレンドとなっています。この中で2015年9月29日の347円でいったんピークとなり下降トレンド(B)へ移行し、2016年6月24日には一時、上昇トレンド(A)を切って181円まで下落するものの、すぐに切り返し上昇トレンド(C)へ移行しました。この上昇トレンド(C)の中で12月21日に403円と高値を更新し、その後は調整入りとなっていましたが、4月17日の289円を安値に反発して、4月24日は316円で買転換となっています。決算発表は5月13日前後です。
 
(1852)淺沼組
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!