今週も、地政学的リスク続き、下値模索続く

先週は、地政学的リスクと円高で、18850円から18285円まで一方的な下落

 先週の予測では、前週に19000円水準から18500円水準まで下げて、年初来安値を更新したところなので、いったんリバウンドするところだがシリア情勢や北朝鮮をめぐる地政学的リスクの懸念が高まる可能性があるとしました。そのため18500~19000円のレンジの中の動きで、次の展開を注視するところであり、悪材料を待つことになるとしました。 結果的には、週始めのザラ場高値18850円が目先のピークとなり、その後は、アメリカと北朝鮮の緊迫度が高まり、トランプ大統領が現状の世界的危機の中で「ドルは高すぎる」と発言し、又、アフガニスタンのイスラム国の地下施設を狙った大規模な空爆を行ったことで、日経平均は3日連続の年初来安値更新となり、週末の14日(金)は、一時▼141円の18285円まで下げて▼91円の18335円で引けました。想定よりも早い18500円割れとなりました。

 10日(月)は、アメリカの長期金利の上昇を背景に、1ドル=111円台への円安を好感し△135円の18800円で寄り付いて、一時△186円の18850円まで買われましたが、上値は重く△133円の18797円で引けました。11日(火)は、アメリカと北朝鮮が先制攻撃をめぐってチキンゲームに入ったとの見方から、再び為替が円高となってきたことで、一時▼115円の18661円まで下げ、終値は▼50円の18747円と反落しました。12日(水)には、北朝鮮がアメリカに先制攻撃の徴候あれば、アメリカ本土へ核攻撃すると警告したとロイターが伝えると、1ドル=109円台の円高となり、日経平均は一時▼287円の18460円まで下げて▼195円の18552円(年初来安値を更新し、柴田罫線で「ろく売」という追加の売法則が出現しました)となりました。13日(木)には、前日のアメリカ市場で、トランプ大統領が中国の為替操作国の認定を見送り、(中国がアメリカ寄りとなったと、このような裏取引きがあったと思われます)、「ドルは高すぎる」とか「低金利が望ましい」と発言したことで、1ドル=108円台後半まで円高が進み、日経平均は18304円まで下げて▼125円の18426円で引けました。週末の14日(金)は、オプション4月限ギリのSQ値算出日でしたが、大量の買い注文から△105円の18531円で寄り付きました。SQ値は、18613円をつけましたが、目先の需給面からの上昇であり、寄り付きの18531円を高値に、アフガニスタンのイスラム国軍事施設への空爆報道で一転して下落に転じ、週末のポジション調整で、一時▼141円の18285円まで下げ、終値は▼91円の18335円と3日連続の年初来安値更新で引けました。ここで注視すべき点は、SQ値である18613円を大きく下回る18335円で引け、幻のSQとなったことで、この18613円を早く上回らなければ、当面の上値のフシとなる可能性があるということです。

 14日(金)のアメリカ市場は、グッドフライデーで休場でした。前日の13日(木)のアメリカ市場では、アメリカのアフガニスタンのイスラム国の地下施設を狙った大規模な空爆で地政学的リスクが高まり、NYダウは▼138ドルの20453ドルの大幅下落となりました。シカゴの日経先物は▼45円の18355円で引けていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週も、地政学的リスク続き、下値模索続く