今週は、18500~19000円の中でのもみあい。上昇しても上値は限定的

先週は、19000円水準から18500円水準まで下げて年初来安値更新し、終値は18664円で引ける

 先週の予測では、19000~19600円のレンジの下限でのもみあいが続くが、為替次第では調整入りもシナリオに入れておくべきだとしました。柴田罫線では、3月2日の19668円を当面のピークにレンジの下限に向かって上値を切り下げており、又、日柄調整からみても18650~19668円の1000円幅のレンジの中では、十分な調整といえますので、直近の安値である1月18日の18650円を切って下放れとなる可能性が高いとしました。

 結果的には、週始めに19068円の高値をつけたあと、徐々に上値を切り下げ、6日(木)には米中首脳会談前の北朝鮮のミサイル発射や、円高進行を嫌気して▼264円の18597円と直近の安値18650円を切って年初来安値更新となり、想定した調整入りのシナリオになりました。

 3日(月)は、前週末の2日連続の大幅安の反動から自律反発の買いで始まり、後場は先物の買い戻しもあって△159円の19068円まで上昇するものの、買い一巡後は上げ幅を縮小して△73円の18983円と19000円台を回復できませんでした。 4日(火)は欧米株安と1ドル=110円台後半の円高を受けて先物主導で一時▼279円の18703円まで売られ、終値は▼172円の18810円でした。5日(水)は、△51円の18861円と自律反発したものの、6日(木)になると、急反落となりました。前日のアメリカ市場でNYダウは大幅上昇のあと急落して▼41ドルの20648ドルとなったことや、この日の日本市場の引け後の米中首脳会談の内容を確認したいことから手控えムードの中、北朝鮮のミサイル発射や、さらに1ドル=110円台前半への円高進行を受け、日経平均は▼264円の18597円の終値となって、直近の安値18650円を割り込み年初来安値更新となりました。7日(金)は、前日のアメリカ株高、円高一服を受けて△117円の18714円で寄り付き、△188円の18785円まで上昇するものの、アメリカのシリアに向けてのミサイル発射報道を受けて一転して急落となり、▼79円の18517円をつけ、そこから切り返して△67円の18664円で引けました。

 7日(金)のアメリカ市場では、3月の雇用統計は、非農業部門雇用者数は、予想の18.3万人を大きく下回る9.8万人でしたが、失業率は前月より0.2%低い4.5%と10年ぶりの低水準となったことで強弱入り交じった内容でした。アメリカのシリアへのミサイル攻撃で神経質な展開となる一方で、タンドリーNY連銀総裁は、早期利上げを示唆するような発言を行っており、株式市場は方向感のない上下動となってNYダウは▼6ドルの20656ドルでした。シカゴの日経先物は△75円の18785円となっています。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、18500~19000円の中でのもみあい。上昇しても上値は限定的