S&P500月例レポート (2017年4月配信)

S&P500月例レポートでは、S&P500の値動きから米国マーケットの動向を解説します。市場全体のトレンドだけではなく、業種、さらには個別銘柄レベルでの分析を行い、米国マーケットの現状を掘り下げて説明します。

マーチ・マッドネス(はエープリルフールに終わる?)

 3月相場の幕開けは素晴らしいものとなりました。今年に入って初めて、1日の上昇率が1%を上回ったのです。S&P500指数(1日で1.37%上昇)は取引時間中に2,400を突破し(終値では大台を維持できず)、ダウ工業株30種平均(NYダウ)は史上初めて21,000ドルを突破する(1日で1.46%上昇)など、両指数がそろって過去最高値を更新しました。残念ながら、3月の月間パフォーマンスは初日のようには行きませんでした。高値を更新してきた市場で政策(所得税・法人税の減税)が予想していたほど早い時期に、またすんなりとは実現しない可能性があることが認識されたからです。とはいえ、現時点の相場の下げは調整(10%)というほど大きなものではありませんでした。というのも、その後相場は値を戻し、月間騰落率は0.04%という僅かな下落にとどまったからです。大統領選挙後の上昇率は依然として10.43%(配当込みのトータルリターンは11.35%)、また2017年第1四半期の上昇率は5.53%(同6.07%)と好調です。

 調整局面入りはしませんでしたが、月中にそれに近い値動きを見せたのが金融セクターでした。しかし、同セクターも月末近くには回復し、月間騰落率は2.91%のマイナスとなりましたが、第1四半期は2.08%の上昇となっています。落胆したり、あるいは金融株の投げ売りの機会を模索するのは時期尚早です。金融セクターは大統領選挙後に18.94%も値上がりしましたし、4月13日からは大手金融機関(Citigroup [C]、JPMorgan [JPM]、Wells Fargo [WFC])による第1四半期の決算発表が始まり、すぐにも金融株の商いが活発化することが見込まれるからです。

短期的とはいえ、押さえておくべき3月相場の2つの重要ポイント:

・第1四半期の好業績を一部先取りした可能性。2017年第1四半期のS&P500指数は5.53%上昇。2016年の同期は0.77%上昇であった。とはいえ、同年2月11日までに相場が年初来10.51%と大きく下落していたため、当時はこの結果に安堵したものだった(1928年以降、第1四半期の平均騰落率はプラス1.61%で、全四半期の騰落率はプラス1.91%)。過去1年間の騰落率はプラス14.71%(配当込みトータルリターンはプラス17.17%)。

・息の長い強気相場が続いている(人間の年齢に換算すると128歳)が、いまだ上昇基調にある。2009年3月9日の大底を起点とした場合、株式の年率換算リターンは16.78%、配当込みのトータルリターンは19.29%となっている。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> S&P500月例レポート (2017年4月配信)