相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(3397)トリドールホールディングス

 四季報によると、主力『丸亀製麺』は期間限定商品のヒットで絶好調、年商想定超過。営業益再増額。18年3月期は『丸亀製麺』の国内稼ぎ安定的。海外は中国軸に出店加速し利益急増。減損や広告費高水準でも営業益大台に。17年度新店は国内60、海外150計画(前期35、104)。米国本土1号店を春開業。肉や野菜など食材を扱うECサイト開設、3年後年商100億円目指す。

2月10日発表。2017年3月期決算予想は、前年同期比で営業利益+0.3%の87.6億円、経常利益+5.7%の85.8億円の小幅の増収・増益見通し。

同社はうどん店「丸亀製麺」を中心に外食業を国内外で展開。2025年に世界外食企業トップ10入りを目指す。

過去1~2年のチャートの動きは、2015年9月29日の1376円を安値に小さな三角保ち合いを上放れして、短期の上昇トレンド(A)となるが、2016年2月2日の2590円が当面の天井となりました。ここから①→②→③と順下げの三尊天井となって5月2日の1890円まで下げ、1月21日の1877円に対する2点底となって反発に転じ、7月6日には3300円の高値をつけました。ここをピークに下降トレンド(B)となって、この中で9月5日の2120円まで下落し、10月26日の2712円まで戻したあと、下降トレンド(B)にアタマを抑えられ、12月5日の2315円まで下げて反発し、下降トレンド(B)を横にぬけて12月28日に2627円まで戻しました。ここから今年の2月27日の2302円まで下げて上値を切り下げる直角三角形の保ち合い(C)となって、3月29日に2471円で買転換で上放れの形となっています。

(3397)トリドールホールディングス

(9065)山九

 四季報によると、国際物流含め物流は伸び小。ただ国内製鉄の大型高炉改修工事はじめ機工が想定超。前号より営業益上振れ。18年3月期は物流は横ばい圏でも、国内高炉や石油・化学の改修工事が高水準。東南アジア案件もあり機工堅調。人件費増こなす。機工は鉄鋼、石油・化学分野に次ぐ電力、環境関連分野で受注開拓強化。物流は海外拠点増でネットワーク拡充へ。

1月30日発表。2017年3月期決算予想は、前年同期比で営業理経利益+6.9%の260億円、経常利益+28.0%の265億円の増収・増益の見通し。

2013年9月2日の296円を安値に上昇トレンド(A)を形成。この中で2015年8月5日の714円を当面のピークとし、10月30日の692円を2番天井にして下落に転じ、12月15日の570円まで下げて12月30日の624円まで自律反発したあと、下降トレンド(B)入りとなりました。この中で2016年4月8日の447円まで下げて底打ちとなり、上昇トレンド(C)へ移行し、10月27日の574円を安値に一段高となるものの、上昇トレンド(A)にアタマを抑えられ、今年の1月5日の736円、2月2日の732円、3月2日の744円と三尊天井となったあと、3月30日に684円で短期の売転換となっています。

(9065)山九

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!