今週もレンジの下限でのもみあい続く ― 調整入りも1つのシナリオに入れて考えていくところ ―

先週は、下は18900円水準、上は19250円とする大きな上下動

 先週の予測では、円高と日米政治リスクで不安定な相場になるとしました。週前半は、3月期決算企業の権利・配当取り最終日で物色される可能性はあるものの機関投資家は期末要因で動きづらく、需給関係としてはよくないともしました。結果的に想定通り不安定な動きとなりました。

 週始めは3日ぶりの大幅反落の19000円割れで始まり、火曜日は3月期末の権利・配当取りの最終日で△217円の19202円となり、水曜日は配当落ち分の約132円を埋めて△14円の19217円となりました。しかし、その後は30日(木)は、▼154円の19063円、31日(金)は▼153円と2日連続の大幅安となり、18909円と19000円を切って引けました。

 27日(月)は、円高と日米の政治問題の重し、さらに3月期末を控えて▼276円の18985円と3日ぶりの大幅反落となりました。 しかし28日(火)は外部環境が落ち着いた中、3月期末配当の権利付き最終売買日にあたり、配当取りの動きや国内機関投資家による配当再投資に伴う先物買い期待から△217円の19202円と大幅反発しました。29日(水)は、配当落ち分の約132円を埋めて始まるものの、材料が何もなかったことでほとんど動きのない展開が続き△14円の19217円と小幅続伸でした。配当落ち分が132円ですので実質では146円高ということになります。30日(木)になると特別悪材料もない中、配当確定後の手仕舞い売り優勢となり、▼154円の19063円となりました。週末の31日(金)は、前日のアメリカ市場で10~12月期GDPが予想を上回ったことでアメリカ株高となり、為替も112円台の円安となったことで前場は△125円の19188円と反発するものの、後場になると上げ幅を縮小し、その後マイナスに転じて▼153円の18909円と大幅続落しました。週の終値で1ヶ月ぶりの19000円割れとなります。年度末要因から機関投資家によるポジション調整の戻り売りが出たとの見方があります。先週の動きは、上値が重く直近のもみあいを下放れしましたので、円安の流れがでない限り本格調整の可能性も想定しておくところです。

 31日(金)のアメリカ市場では、金利引き上げについて、いくつかの連銀総裁から年3回の利上げをそれ以上でもよいのではないかというコメントがでていましたが、ダンドリーNY連銀総裁などからは現状では年3回(あと2回)で十分であるとの発言が相次ぎ、金融株が売られてNYダウは▼65ドルの20663ドルと反落しました。シカゴの日経先物は△50円の18960円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週もレンジの下限でのもみあい続く ― 調整入りも1つのシナリオに入れて考えていくところ ―