相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5614)川金ホールディングス

 四季報によると、土木建築機材は震災復興関連で底上げ。素形材も鋳鋼品は鈍いが異型鋼は安定。中国特損消滅のうえ、のれん特益。18年3月期は土木建築機材が堅調持続。素形材にも中国の構造改善効果が継続。前期買収した2社も通期寄与。営業益続伸。産業機械は既存の自動車・建機向け以外の市場や北中米市場の開拓に注力。土木建築機材依存からの脱皮を目指す。

2月8日発表。2017年3月期予想は、前年同期比で営業利益+10.3%の16億円、経常利益+40.3%の16億円の増収・増益の見通し。

2月8日発表の四半期決算は、大幅増益を達成し純利益はすでに通期見通しを突破しています。

同社は素形材、土木建築機材、産業機材が3本柱で橋梁用支承のトップメーカーです。

2012年11月16日の258円を安値にアベノミクス相場にサポートされて、2013年3月22日の368円まで上昇するものの、ここを当面のピークにして下降トレンド(A)入りとなり、12月24日の245円まで下落。ここからゆるやかな上昇トレンド(B)となっていましたが上放れとなって急騰し、2015年5月27日には490円まで上昇後、押し目を入れて再上昇となり、7月14日には525円の高値をつけました。ここをピークに買われすぎから急角度の下降トレンド(C)となって2016年2月12日の220円まで下落しました。ここを底値に上昇トレンド(D)となっていましたが、この中で11月9日の244円を安値に急角度の上昇トレンド(E)へ移行し、今年の3月8日に415円をつけて押し目を形成しているところです。

(5614)川金ホールディングスグループ

(1719)安藤・間

 四季報によると、単体受注は7・6%増の3900億円計画。道路など複数の土木工事で採算が急改善。最高益。18年3月期は受注残潤沢。土木は好採算工事剥落で粗利率低下、建築横ばい。高水準ながら営業益小反落。千葉にプレキャスト部材の製造工場を建設中。初夏に操業開始予定。需要増に備え安定調達につなげる。ラオスで橋梁改修工事と水力発電所拡張工事を受注。

2月8日発表。2017年3月期決算予想は、前年同期比で営業利益が昨年11月18日時点で+40.2%の357億円、経常利益が+45.9%の340億円と上方修正され2月8日時点でも見通し変わらず。

2014年2月4日の315円を安値とする上昇トレンドの中で12月29日の810円の高値をつけ、2015年8月4日の639円まで調整後、再上昇となって10月14日の823円をつけ、ここをピークに下降トレンド(A)となりました。この下降トレンド(A)の中で2016年2月12日の486円で底打ちとなり、その後は520円水準を下値とし、上値を切り上げる直角三角形の保ち合い(B)となり、この中で6月24日の510円を安値とする上昇トレンド(C)へ移行しました。業績上方修正期待から急角度の上昇となり、今年の2月9日に874円の高値更新となって買われすぎから調整となり、3月23日に771円で短期の売転換となっています。

(1719)安藤間

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!