今週は、円高と日米政治リスクで不安定な相場へ

目先、金利上昇の材料出尽して円高となり、一時19000円割れ

 先週の予測では、ドルの上値重く政治リスク警戒もありもみあいへとしました。前週のFOMCで3月利上げが決定され、今年の利上げ見通しは年4回の見方もありましたが、3回(あと2回)に据え置かれたことで、目先のドル買い材料がなくなり長期国債が買われ(金利は低下)、日米金利差拡大期待が後退してドル売り・円買いの流れとなりました。 結果的には、アメリカはトランプ相場の巻き戻しでNYダウが大幅下落し、日経平均も一時19000円を割り込みましたが週の終値では19262円となり、想定していた19100~19600円の中にかろうじて踏みとどまりました。

 連休明けの21日(火)は、アメリカの保護主義政策の懸念と、112円台の円高を受けて▼65円の19455円の続落となりました。 この日の引け後のアメリカ市場では、減税法案の議会の通過の遅れが懸念され、又、オバマケアの代替法案に不透明感が生じ、金融株中心に下落となりトランプ相場の巻き戻しとなって▼237ドルの20668ドルと大幅安となりました。
 22日(水)の日本市場は、NYダウの大幅安と為替の111円台への円高を嫌気して全面安となり、▼414円の19041円となって19100~19600円のボックスを切って柴田罫線で再び売転換出現となりました。 23日(木)は為替が一時110円台をつけたことで日経平均も18973円と2月27日以来の19000円割れとなりましたが、円高一服となって△43円の19085円と4日ぶりに反発となりました。
 週末の24日(金)は、予想外の△177円の19262円の大幅続伸となりました。その理由は、前日のアメリカでオバマケア代替法案が採決延期となって相場に悪影響を与えていましたが、修正を加えた代替法案が可決の期待で夜間取引でアメリカ株式が上昇しており、円安に傾いたことと先物の買い戻しから裁定買いを誘発したことによります。結果的にオバマケア修正法案の採決懸念となりましたので週明けの日本市場は注目となります。

 週末の24日(金)のアメリカ市場は、この日に延期されていたオバマケアの代替案の採決が議会で否決される懸念からNYダウは一時▼126ドルの20529ドルまで下げていましたが、採決前にトランプ側は「法案の取り消し」を通告してきたことで下げ幅を縮小して▼59ドルの20596ドルで引けました。 この「法案の取り消し」の理由は、オバマケアの廃止もしくは大幅修正案をトランプ政権は最優先課題と位置づけていましたので、もし否決されると政権にとって大きな打撃となるため否決の可能性が高まったことで通告してきたものと思われます。リスク回避の円買いで1ドル=110.63円までドルが売られていましたが、通告後は111.33円まで戻して引けました。シカゴの日経先物も18920円まで下げましたが▼45円の19095円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、円高と日米政治リスクで不安定な相場へ