相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5122)オカモト

 四季報によると、内装材とコンドームが上期の勢い持続。前号比営業増益幅拡大。営業外ののれん益約10億円消滅。増配上積みも。18年3月期はコンドームが国内外で好調続く。内装材は伸び鈍るが米中向け堅調。壁紙も受注増。償却費増吸収。連続最高純益。一部工場がフル操業状態。豊富な手元資金生かし生産設備に積極投資、効率化も。3月、極厚型コンドーム投入。

2月7日発表。2017年3月期決算予想は、前年同期比で営業利益は+14.1%の94億円、経常利益は2016年11月4日時点の-5.8%の91億円から-2.7%の94億円に上方修正。

2014年11月5日の410円を安値とする上昇トレンド(A)の中になります。この中で2015年10月6日の1280円、10月27日の1278円とダブル天井となって、短期の下降トレンド(B)へ転換したものの、2016年1月21日の790円、2月12日の784円、5月2日の771円と3点底となって反発し、下降トレンド(B)を上にぬけて8月15日に1296円と高値更新し、9月26日には1332円と再び高値更新して、その後、短期の調整となりました。12月7日の994円、今年の2月17日の1016円と安値をつけるものの上昇トレンド(A)の下値斜線にサポートされて、2点底の形となり3月7日に1107円で買転換となっています。

(5122)オカモト

(8101)GSIクレオス

 四季報によると、円高目減りと昨9月の販売譲渡で減収だが、繊維はインナーOEM増、低採算取引見直し進み営業益上振れ。18年3月期も繊維はインナーOEM、工業用も前期牽引役の添加剤堅調。不動産売却益一巡。太めの女性向けファッションブランドを立ち上げ店舗とWebで展開。天然由来の海外産オイルを使った化粧品素材等、ニッチな分野での開発、販売に注力。

2月3日発表。2017年3月期予想は、前年同期比で営業利益は-2.3%の12億円、経常利益は-28.2%の7億円と減収・減益の見通し。第3四半期累計では減収ながら大幅増益決算を発表。燃料電池電極、カーボンナノチューブなどの材料を持つ。

2012年10月10日の97円を安値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて2013年1月21日の172円まで上昇。ここから2月15日の124円まで押し目を入れて小さな三角保ち合いを形成後、上放れとなって6月12日には238円の高値をつけました。ここをピークに7月11日の187円が戻り天井となって下降トレンド(B)入りとなりました。この下降トレンドの中で2015年9月7日の102円を安値に反発となって下降トレンド(B)を上にぬけて2016年1月26日の177円をつけるものの日経平均の急落に合い、6月24日には89円まで下落しました。しかし、ここを安値に反発となり9月29日に115円で買転換となり、上昇トレンド(C)を形成して、下降トレンド(B)を再び上にぬけ今年の2月16日には158円まで上昇して押し目となっています。

(8101)GSIクレオス

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!