今週は、政治リスク警戒もあり引き続きこう着状態へ

週始めに19667円目指すが到達できず、こう着状態へ

 先週の予測では、前週末の大幅高(10日の△286円の19604円)の反動や、115円台から114円台への円高を嫌気して、利益確定売りで14~15日のFOMCまではもみあいとなり、その後は利上げ後の追加利上げのペースがどうなるのかの発表を受けて為替がどう動くか注目することとしました。その場合、追加利上げに積極的であればドル高・円安の流れとなって3月2日のザラ場での年初来高値19667円を終値でぬくと2万円が意識されるとし、一方、追加利上げが消極的であればドル・円相場はもみあいとなって日経平均の後押しとはなりにくいとしました。 結果的にFOMCの結果発表がわかる15日(水)までは19500~19600円前後でのもみあいとなり、FOMCでの結果は予想通りの0.25%の引き上げ(すでに織り込み済み)でしたが、今後の金利見通しは年4回の見方もあったものの年3回の見通しにとどまり、為替は114円台半ばから113円台前半の円高となりました。そのため輸出関連株が売られ週末の17日(金)は一時19500円を割り込み終値は▼68円の19521円で引けました。

 13日(月)は、円安一服と前週末の大幅高の反動もあって朝方は一時▼73円の19531円まで下げるものの、その後は切り返し△29円の19633円と連日の年初来高値更新となりました。しかし、FOMCを前に様子見からもみあいとなり、14日(火)は▼24円の19609円、15日(水)はアメリカ株安を受けて▼32円の19577円と続落しました。この日の引け後のアメリカでは、注目のFOMCは予想通りの0.25%の金利引き上げとなり、これはすでに織り込み済みでしたが今後の金利見通しで2017年は年4回の利上げ見通しもあったものの、これまでの年3回の見通しにとどまったことで一気に114円台半ばから113円台前半へのドル安・円高進行となりました。  本来は年3回であれ4回であれ今年中は利上げが継続することになるのでドル高・円安となるところですが、結果的には4回の場合は円安、3回だったので円高進行になったということになります。その理由は年4回であれば6月には次の利上げのタイミングとなって、これを織り込むドル買いとなるところですが、年3回(あと2回)であれば年後半の9月ごろがそのタイミングとなり、それまではいったんドルを売っておこうという投資家心理が働くことになります。それが円高進行となった1つの原因といえます。

 16日(木)は、FOMCの発表を受けて円高進行となったことで▼118円の19458円で寄り付くものの、売り一巡後はオランダでの議会選挙で懸念されていた中道右派の自由民主党が第1党を維持できたこともサポート要因となって△12円の19590円と小反発しました。 しかし週末の17日(金)は113円台前半の円高と週末要因もあって▼68円の19521円で引けました。  日本市場の引け後のアメリカ市場では、FOMCの今後の金利見通しが年内あと2回(年3回の利上げ)にとどまったことで、いったんドルが売られ米国債が買い戻された流れが続き、為替は1ドル=112.57円までのドル売り・円買いとなりました。金融株が売られたことでNYダウは▼19ドルの20914ドルで引けました。シカゴの日経先物は▼55円の19295円(日経平均は約19425円)でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、政治リスク警戒もあり引き続きこう着状態へ