相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(9062)日本通運

 四季報によると、円高逆風だがマレーシア等ASEANの輸出増。航空、船舶利用運賃の低減も寄与。18年3月期はアジア向けに液晶関連など日本の航空輸出伸びる。欧州の倉庫配送は前期の新顧客が貢献。燃油費が反転上昇でも最高益圏。設立80周年記念配も。江東区に1月竣工、羽田、東京港至近で倉庫部分は7割超埋まる。現地物流と提携、中国での化学品取り扱い強化。

1月31日発表。2017年3月期予想は、前年同期比で営業利益は+4.1%の570億円、経常利益は+1.0%の630億円の増収・増益の見通し。

 2012年11月15日の265円を安値に、アベノミクス相場にサポートされ12月14日の309円で買転換となって2013年4月19日の532円まで上昇。ここから6月7日の409円まで押し目を入れてボックス相場(A)入りとなり、この中で2014年10月14日の421円を安値に急反発となって上放れし、2015年5月20日の733円でピークとなりました。ここから7月9日の559円まで押し目を入れて反発となったものの、8月5日の687円が戻り天井となって下降トレンド(B)へ転換となりました。この下降トレンド(B)の中で6月24日の420円で底打ちとなり反発となって、下降トレンド(B)を上にぬけて9月30日の464円まで下げ、ここを2番底に上昇トレンド(C)へ移行し、今年の1月4日の645円まで上昇しました。ここから2月20日の563円まで押し目を入れ3月10日に618円で買転換となっています。
 
(9062)日本通運
 

1 2 3

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!