相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5269)日本コンクリート工業

 四季報によると、ポールとセグメント堅調。ただ、工事遅れなど響き主力パイルの落ち込みが想定以上。前号営業増益予想から一転横ばいに。増配やめ6円配。18年3月期もセグメント伸長。五輪需要重なり営業益反発。茨城県・女方工場を整備し、全社で5万立方mの生産体制目指す。鈴鹿工場での生産も検討。営業外に計上していた太陽光発電事業を売上高計上に変更。

 2月13日発表。2017年3月期予想は前年同期比で営業利益で+13.7%の12億円、経常利益で+5.7%の13.5億円と増収・増益の見通し。

 2012年9月6日の206円を安値に11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて2014年9月1日の787円まで上昇し、ここをピークに下降トレンド(A)入りとなりました。この中で2016年2月12日の221円で底打ちとなり、6月24日の258円を2番底にして三角保ち合いの形となり、その煮詰まったところで今年の2月17日に342円を安値に3月1日に358円で買転換となって上放れし3月10日に398円となって直近の高値である昨年の8月1日の389円を上回って引けました。押し目買い有利の形です。
 
(5269)日本コンクリート工業
 

(6355)住友精密工業

 四季報によると、ICT関連は赤字縮小。が、熱交換器が原油安続き低迷。航空宇宙は出荷見直しもあり減少。円高目減り大、開発費増え、営業益急減。為替差損膨らむ。減配。18年3月期はMRJが動意、合理化効果も。社長直轄の構造改革チーム編成し、中期で年20億円程度の合理化効果目標。ノンコア事業撤退や外部調達費削減等の細目詰める。MRJ量産にらみ新鋭設備導入。

 1月31日発表。2017年3月期予想は、前年同期比で2016年10月31日時点では営業利益―96.3%の0.5億円、経常利益-14億円の赤字転落。1月31日時点になると営業利益はそのまま0.5億円、経常利益は-4億円に縮小の見込み。

 2012年11月12日の305円を安値にアベノミクス相場にサポートされて2013年の5月22日の554円まで上昇。ここをピークに調整入りとなって2014年5月21日の342円まで下げ、大きな三角保ち合い(A)の動きとなりました。この煮詰まったところで2015年11月18日の495円を高値に下放れとなり、2016年4月6日の307円、6月28日の284円、11月9日の296円と三点底となって赤字転落を織り込む形となりました。そして11月9日の296円を安値に上放れとなって12月12日に386円まで上昇し、ここから12月29日の347円まで押し目を入れた後、上値を切り下げる小さな直角三角形の保ち合い(C)となったあと、2月21日に375円で買転換となっています。
 
(6355)住友精密工業
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!