FOMCでの利上げ発表後の為替の動きに注目

週後半までは、19100~19500円の中でもみあうが
週末は115円台の円安で年初来高値更新

 先週は、週末に日本はメジャーSQ、アメリカは雇用統計を控えているため様子見から上値は限定的で、まずは19500円台固めとし、3月利上げが確定的になってきているにもかかわらず、ドル高・円安がそれほど進まないため利上げをある程度織り込んでいる可能性があるとしました。そのため一方的なドル高・円安ではなく日米金利差拡大期待で、ゆっくりした円安を期待し19500円をこえることができなければ目先は再び19100~19500円の中でのもみあいを想定しました。

 結果的に、週半ばまでは3月利上げ確定が高まりNYダウは軟調となり、為替は10年物国債が上昇するわりにはドル高がそれほど進まなかったことで19100~19500円の中のもみあいとなり、週末になると為替が115円を突破したことを好感し19604円となって年初来高値を更新して引けました。

 6日(月)は、北朝鮮が日本海に4発のミサイルを発射したことで地政学的懸念から一時▼128円の19340円まで下げ終値は▼90円の19379円となりました。7日(火)はアメリカ株安と手がかり材料不足から▼34円の19344円と続落し、8日(水)もアメリカ株式の軟調さを嫌気し、一時19198円まで下げ▼90円の19254円と4日続落となりました。9日(木)になるとFOMCでの利上げ期待が高まり為替が1ドル=114円台後半への円安となってきたことで△64円の19318円と5日ぶりの反発となりました。10日(金)になると3月利上げの確定への可能性がますます高まったことで、ドルが115円を突破して115円台前半まで円安が進み、これを好感して日経平均は約2ヶ月ぶりに1月4日の昨年来高値19594円を更新する△286円の19604円で引けました。為替が目先は1ドル=115円を突破できないのではないかということで日経平均は19100~19500円の上限をぬけることが難しいと想定していましたが、一気に115円を突破してしまいました。

 10日(金)のアメリカ市場では、注目の2月雇用統計は、非農業部門雇用者数が予想の20万人を上回る23.5万人増と強い結果を示し、失業率も4.8%から4.7%とさらに改善したことで、これを好感してNYダウは△44ドルの20902ドルと続伸しました。来週のFOMCでの利上げはほぼ確定したとの見方ですので株式市場は利上げのマイナス要因を織り込んだことになります。一方で債券は買い戻されて利回りは低下しましたので来週のFOMCで利上げが決定されても円安が一段と進むのかはわかりません。為替は115.51円まで買われたあと引け値は114.76円となっており、シカゴの日経先物も▼25円の19445円で引けています。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> FOMCでの利上げ発表後の為替の動きに注目