相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6217)津田駒工業

 四季報によると、17年11月期は主力の繊維機械がインド向けで続伸。炭素繊維関連も航空機部材向けが堅調。中国子会社も黒字化。工作機械もNC円テーブルが国内外の自動車向けに伸長。営業黒字が定着。復配か。炭素繊維関連機械は自動車メーカーと開発提携。米国排ガス基準強化に伴う自動車メーカーの設備投資需要にビジネスチャンス。円テーブルは医療向けも狙う。

 1月19日発表。2017年11月期予想は、前年同期比で営業利益+9.9%の8億円、経常利益+19.9%の7億円と増収・増益見通し。2016年11月本決算で黒字転換。

 2012年10月15日の92円を安値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成。この中で2013年5月15日の246円でピークをつけ、下降トレンド(B)へ転換しました。この下降トレンド(B)の中で2016年2月12日の83円で底打ちとなり、6月24日には88円で2番底をつけて上昇トレンド(C)へ移行しています。この上昇トレンド(C)の中で9月15日の170円まで上昇後、10月14日の138円まで押し目を入れて反発し、11月30日に155円で買転換となり、さらに今年の1月27日に184円で「ろく買」という追加の買法則がでて、1月31日の192円まで上昇後、2月3日の171円まで押し目を入れ、約1ヶ月近くもみあっていましたが、3月6日に186円で上放れの動きとなっています。
 
(6217)津田駒工業
 

(9627)アインホールディングス

 四季報によると、柱の調剤薬局は大型M&A実り店舗純増220超(前期同127)。が、薬価下げ痛く既存店低調。ドラッグストアも中国転売需要反落。前号比、増益幅縮小。18年4月期は買収店が通期寄与、改定ない。16年12月、関東圏軸に115店舗展開の葵調剤を買収。かかりつけ薬局機能強化など相互に事業融合。ドラッグ店は銀座や横浜の商業施設に積極出店で集客。

 3月2日発表。2017年4月期決算予想は、前年同期比で営業利益は昨年の11月25日時点の+11.5%の163億円から+1.2%の148億円、経常利益は+10.2%の167億円から+0.9%の153億円と下方修正。

 2016年2月12日の4530円を安値に上昇トレンド(A)の中にあります。この中で6月30日の7950円まで上昇し、ここから短期の下降トレンド(B)へ転換し8月26日の5670円まで下落し、ここを安値に反発となって下降トレンド(B)を上にぬけて上昇トレンド(C)へ移行しました。この上昇トレンド(C)の中で今年の2月17日に8700円で当面のピークをつけ上昇トレンド(C)を下に切って3月6日に7900円で売転換となりました。3月2日に下方修正を発表したことでこれを織り込む下げとなっています。
 
(9627)アインホールディングス
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!