今週は、週末に日本はメジャーSQ、アメリカは雇用統計を控え様子見

週始めは、弱いものの半ばから大統領演説や円安を好感し一時19600円回復

 先週は、トランプ大統領の議会演説を確認する必要があるとしました。シナリオの1つとしては、19100~19500円の中で19100円を試す可能性があるとし、その場合はトランプ大統領の演説に失望売りが出た場合や3月利上げが後退するような場合としました。しかし結果的には、大統領の議会演説はこれまでと違って大統領らしいと評価される演説となり、さらに3月利上げが高まったことで、これまでのもみあっていたボックスの上限である19500円を突破。しかし、週末は利益確定売りで19500円を守れず。

 週始めの27日(月)は、朝方は為替の111円台までの円高を嫌気し一時19000円を切って18995円をつけるも、後場は押し目買いで下げ幅を縮小し△176円の19107円で引け、終値で19100円を守りました。28日(火)は、NYダウの12連騰や円高一服から5日ぶりに反発し、一時△160円の19267円まで上昇するも利益確定売りで△11円の19118円の小幅反発で引けました。しかし3月1日(水)になるとトランプ大統領の議会演説の無事終了や3月利上げ観測が高まって113円台後半の円安・ドル高に傾いたことで△274円の19393円の大幅続伸となりました。さらに2日(木)は、前日のアメリカ市場がトランプ大統領の議会演説を好感したことで△303ドルの21115ドルと初の2万ドル台突破となったことを受け日経平均も△231円の19624円と昨年来高値(今年の1月5日の19615円)更新で始まり、19668円まで上昇し、終値では△171円の19564円と伸び悩みました。 週末の3日(金)は、前日のNYダウが▼112ドルの21002ドルと反落したことで、為替は114円台半ばの円安だったものの、利益確定売り優勢となり後場は週末要因もあって一段安となり▼95円の19469円となって19500円を維持できずに終わりました。

 3日(金)のアメリカ市場では、イエレン議長が講演で「経済が順調であれば3月利上げは適切」と発言し、又、NY連銀のタンドリー総裁も3月利上げを支持したことで、10年債利回りが一時2.513%まで上昇し、ドルは114.75円まで買われました。金利上昇を受けて金融株が上昇し、軟調だったNY株は△2ドルの21005ドルと小反発となりました。3月利上げを織り込む動きとなっています。シカゴの日経先物は▼10円の19460円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、週末に日本はメジャーSQ、アメリカは雇用統計を控え様子見