相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(4321)ケネディクス

 四季報によると、資産運用は反落する一方、営業外にファンドからの配当計上。17年12月期はREIT等の受託資産残高が積み上がり資産運用が着実に伸びる。不動産投資も順調。営業益上向く。ファンド配当見込まず。17年に六本木、宮古島、新浦安、18年に名古屋、銀座、札幌が竣工。太陽光等インフラファンドは受託資産1000億円目標、自然電力以外にも提携相手探す。

 2月13日発表。2017年12月期予想は、前年同期比で営業利益+14.4%の109億円、経常利益+0.6%の107億円と増収・増益の見通し。自社株買いの実施も発表。

 2014年3月27日の289円の安値からの上昇トレンド(A)の中で、11月19日の669円でピークをつけ、下降トレンド(B)へ転換。この下降トレンド(B)の中で2015年9月8日の356円、2016年2月12日の350円と2点底をつけて下降トレンド(B)を上にぬけ、もみあって4月25日の517円の高値をつけました。このあとは2月12日の350円を安値の基点、4月25日の517円を高値の基点として三角保ち合いとなりました。この三角保ち合いの煮詰まってきたところで11月17日の409円、今年の2月3日の406円と2点底をつけ2月14日に446円で買転換となって上放れするところにきています。
 
(4321)ケネディクス
 

(4845)スカラ

 四季報によると、ソフトブレーン傘下とし75億円増収効果。サイト内検索などASPサービス好調。ビッグデータ活用アプリやWeb構築など好採算の顧客仕様化続く。一過性のソ社株再評価益26億円あり営業益躍進。ソ社の4000社導入の営業支援クラウドに当社ASPを融合、使い勝手いい『和製セールスフォース』目指す。製品の相互販売始まり、中堅不動産から受注。

 2月14日発表。2017年6月期予想は、前年同期比で営業利益は2016年11月14日時点の+549.4%の40億円から+565.6%の41億円へ、経常利益は+234.4%の40億円から+242.8%の41億円と小幅の上方修正。

 2015年1月21日の1050円を高値に下降トレンド(A)となり、この中で9月8日の468円の安値をつけました。ここから11月24日の628円まで反発するものの下降トレンドの上値抵抗ラインにアタマを抑えられ2016年1月21日の465円まで下げ、その後は628円を高値の基点、465円を安値の基点とする三角保ち合い(B)へ移行しました。この保ち合いの煮詰まりつつある中で、8月15日の597円で買転換となって上放れし、上昇トレンド(C)となって11月22日には1179円の高値をつけました。ここをピークに買われすぎからの大幅下落となって12月30日の744円まで下落したあと、もみあいとなっていました。その後2月10日の839円で買転換となり2月14日の決算発表で上方修正を受け868円まで上昇後、反落となって押し目を形成しています。
 
(4845)スカラ
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!