今週は、まずトランプ演説を確認してから動くこと

先週は、手がかり材料不足の薄商いの中19100~19500円の中のこう着相場

 先週の予測では、2月28日(火)のトランプ大統領の演説を控え、前週に引き続き19100~19500円の中でのもみあいで、19100円水準を守れるかどうかとしました。注目すべきは22日(水)のFOMC議事録で内容によってはイエレン議長が14~15日の講演で示唆したような3月利上げの可能性が高まり円安推移となれば株価も期待できるところですが、そうでなければ19000円を試す動きも想定されるとしました。

 結果的には、想定通り週を通じてこう着状態が続き安値は20日(月)の19115円、高値は22日(水)の19419円で週の終値は19283円となりました。

 20日(月)は、売り先行で一時19115円をつけるものの、その後は円高一服で下げ幅を縮小し。後場にはプラス圏の動きとなるものの上値重く△16円の19251円で引けました。売買代金は1兆7127億円と今年最低水準、出来高も14.9億株と今年2番目の低水準であり、薄商いの中を先物主導で指数が動いているという状況です。21日(火)は、為替が113円台の円安基調となっていたことで円買い、株価先物売りポジションの巻き戻しで△130円の19381円と続伸して引けました。あくまでも買い戻しが主体で新規の買いは乏しいといえます。22日(水)は、前日のアメリカ株式の全面高を受けて買い先行で始まり寄り付き△37円の19419円をつけるものの、ここがピークとなってマイナスに転じましたが下値は限定的で▼1円の19379円の小反落でした。23日(木)は前日のアメリカ市場での注目のFOMCは、「かなり早期」の利上げの可能性は表明されているものの、それほど積極的なものでないと受け止められ債券利回りは低下し、ドルがやや売られたことで日経平均は続落となり、▼8円の19371円でした。24日(金)は、前日のアメリカ市場では、NYダウが30年ぶりの10連騰となったにもかかわらず早期利上げがやや後退し、長期債券利回りも引き続いて低下し、為替も112円台となったことで円高警戒感や週末要因もあり▼87円の19283円と3日続落で引けました。

 24日(金)のアメリカ市場は、引き続き早期利上げ後退を受けて、10年債券利回りが2.31%と今年最低水準(米債は急伸)となって、為替は一時111.94円まで下げて112.14円で引けました。これを受けてシカゴの日経先物は19075円まで下げて▼110円の19160円で引けています。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、まずトランプ演説を確認してから動くこと